F1チーム、バイザーカメラによるダッシュボードの機密データ漏洩を懸念
ウィリアムズF1の車両パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは、F1の新しいヘルメットカメラを介して共有されるデータは“理想的ではない”と説明する。

F1ベルギーGPでフェルナンド・アロンソのヘルメット内に搭載された新しいヘルメットカメラが映し出す光景はファンから絶賛された。F1イタリアGPではジョージ・ラッセルにヘルメットカメラが搭載され、ファンにモンツァのドライバーズアイビューを提供した。

ファンの間では人気のあるヘルメットカメラだが、F1チームは他チームが利用できるダッシュボードのリアルタイムの機密データが公開されることに懸念を示している。

フォーミュラEでは、ダッシュボードのチームの情報を保護するために、ヘルメットカメラを介して放送するときに画面の下半分にデジタルでモザイク処理が入れられる。

「我々の観点からすると、それは理想的ではないと思う」とデイブ・ロブソンは語った。

「だが、繰り返しになりますが、人々の関心を引いて、面白いと思ってもらえるなら、それはすべてスポーツの一部だ」

「私ならあの位置にカメラは置かないだろうが、人々がそのようなビューが好きであるなら、問題はないと思う」

モンツァでの映像は、ウィリアムズのF1ドライバーにとっての困難さを浮き彫りにしました。ウィリアムズF1は、唯一、ダッシュボードをステアリングホイールに完全に統合せず、代わりにダッシュボードをモノコックに固定し続けている。

「我々は以前にそれを調べ、そこに努力する価値はあまりないと判断した。定置型でまったく問題はなかった」とデイブ・ロブソンは説明しました。

「いずれにしろ、正直、ホイールを回したときに実際にどれだけ見ているのか分からない。コーナーのその時点で、彼らにはやるべきもっと良いことがあると思う」

「我々は継続的に見直し、ステアリングホイールを再設計したりするときに検討しているが、現時点での状況にはかなり満足していると思う」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1動画