ウィリアムズF1代表「アルボン起用はメルセデスとレッドブルの協力で実現」
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、2022年のアレクサンダー・アルボンとの契約は、メルセデスとレッドブルとの協力関係によって実現したと語る。

レッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスの残留を発表した後、アレクサンダー・アルボンのためのシートを探しているとし、ウィリアムズが第1候補だと語っていた。

一方、メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、アレクダンダー・アルボンにはF1グリッドに並ぶ価値があるが、レッドブルのドライバーをメルセデスのカスタマーチームに乗せるわけにはいかないと横槍を入れていた。

しかし、レッドブルF1は、アレクサンダー・アルボンが2022年にウィリアムズで走ることができるように、ジュニアプログラムからリリースするという妥協案をとった。チームは「将来のオプションを含めて彼との関係を維持していく」と述べている。

レッドブルとメルセデスの両方がアレクサンダー・アルボンをF1グリッドに戻すことを望んでいたが、ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、両方の陣営との以前の経験にのおかげで取引をまとめることができたと語った。

「もちろん、まず本当に必要なドライバーを定義することは常に困難だ。そこから、それを実現することに移行する」とヨースト・カピトは Formula1.com に語った 。

「私はトトと素晴らしい関係を築いている。我々は長い間お互いを知っている。彼がメルセデスで始めたとき、私はフォルクスワーゲン・モータースポーツにいて、エンジンを供給するF3にいたので、2つのエンジンメーカーとしてF3を扱い、素晴らしい関係を築く方法を見つけなければならなかった」

「レッドブルは、私がそこにいたとき、世界ラリー選手権のフォルクスワーゲンのメインパートナーだったので、レッドブルとは素晴らしいつながりがある。過去のこれらの良好な関係、そして、継続的な良好な関係が、すべての関係者をまとめるのに役立ち、アレックスの選択をサポートした」

ウィリアムズが、2022年にF1マシンに乗せることができる選択肢は豊富にあった。ヨースト・カピトは他の候補者がチームにアプローチしてきたことを認めたが、2022年のチームにとってはアレクサンダー・アルボンが論理的な選択だと感じたと語る。

2022年は大規模なF1レギュレーション変更が予定されているが、アレクサンダー・アルボンとニコラス・ラティフィはジュニアカテゴリーでチームメイトだった経験がある。

「我々は前進したいし、後退はしたくない」とヨースト・カピトは説明した。

「それを念頭に置いて、まだキャリアの初期段階にあって、すでにかなりの経験を積んでいるドライバーは魅力的だった」

「アレックスはトップチームの1つにおり、レースに勝ったマシンを運転し、表彰台に上がる成功を収めた経験がある。そして、それを再び実現することを望んでいる」

「彼はチームにもうまくフィットするだろう。ニッキー(ラティフィ)とはF2時代にチームメイトだったので、すでにニッキーとの関係を築いている。これらすべてがまとまることが我々にとって重要だった。これらの属性をチェックリストに入れると、アレックスが最も適した人物になる」

「他に我々が一緒に仕事をするための素晴らしいドライバーがいなかったと言っているのではない。ニック・デ・フリースは、F1でチャンスに値する。彼は素晴らしいドライバーだ。彼はスペースに値するので、彼がそれを手に入れることができることを願っている。バルテリはアルファにも非常によく合っている。しかし、我々にとって、アレックスが正しい選択だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / レッドブル / メルセデス / アレクサンダー・アルボン