ニック・デ・フリース、2022年のウィリアムズF1のドライバー候補に浮上
ニック・デ・フリースが、2022年のウィリアムズF1のレースシート候補として浮上している。

メルセデスのF1エンジンを搭載するウィリアムズは、メルセデスF1チームへの昇格が予想されるジョージラッセルに代わるドライバーを探していると噂されており、バルテリ・ボッタス、ダニール・クビアト、ニコ・ヒュルケンベルグがリンクされている。

しかし、メルセデスのフォーミュラEチームでストフェル・バンドーンとチームを組んでいるニック・デ・フリース(26歳)が候補に浮上。シートに非常に影響力のあるメルセデスF1チーム代表のトト・ヴォルフは、二人ともF1のシートに“ふさわしい”と宣言した。

「F1で彼(デ・フリース)を見てみたい」とフェラーリF1のブリヂストン時代にミハエル・シューマッハと仕事をしたことで有名な元F1エンジニアのキース・ファン・デグリントは語った。

「彼は素晴らしい才能だが、彼のキャリアは落ち込んだ。しかし、近年、彼は人々が彼について多くの希望を表明した理由をもう一度示した」

現在、ニック・デ・フリースはフォーミュラEのランキングをリードしているが、キース・ファン・デグリントは、大きな問題は利用可能なF1シートの不足していると不満を述べているトト・ヴォルフを問題視した。

「ニックにはチャンスが与えられるべきだが、ウォルフは新しいチームに2億ドルのエントリー料金を維持することに賛成した人だった」とキース・ファン・デグリントは主張する。

「その結果、ニックのようなドライバーを配置するための追加のチームはなくなった。しかし、すべての空席があるため、そのうちの2つにメルセデスエンジンが搭載されているという希望がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / メルセデス / フォーミュラE