ウィリアムズF1、チーム代表のサイモン・ロバーツの離脱を発表
ウィリアムズF1のチーム代表を務めてきたサイモン・ロバーツが、内部再編の結果、チームを離れることが発表された。

以前、マクラーレンF1で最高執行責任者を務めていたサイモン・ロバーツは、2020年6月にウィリアムズF1に加入。サイモン・ロバーツの加入は、チームがマネジメントの基盤を強化を目指し、新しい所有者であるドリルトン・キャピタルに売却される前に行われた。

ウィリアムズF1がドリトン・キャピタルに買収されると、サイモン・ロバーツは元副チーム代表のクレア・ウィリアムズからチームの運営を引き継いだ。

ウィリアムズF1のCEOを務めるヨースト・カピトは「サイモンは過去12か月間、移行を管理する上で不可欠な役割を果たしてきた。その間の彼の多大な貢献に感謝する」と語った。

サイモン・ロバーツは「ウィリアムズ・ファミリーがスポーツから離れた後、チームプリンシパルの役割を担うことができて光栄だった。だが、移行が順調に進んでいるおり、私は新しい挑戦を楽しみにし、チームの全員の将来活躍を願っている」

ウィリアムズF1は、内部再編は「ウィリアムズをグリッドの最前線に戻すという長期的な目標の一環として、業務をさらに合理化する」ためだとと述べた。.

今年初め、ウィリアムズF1は元フォルクスワーゲン・モータースポーツエンジニアのフランソワ-クサビエ・ドゥメゾンをチームの新しいテクニカルディレクターとして採用したが、彼がトラックサイドとエンジニアリングの両方の責任を負い、チームの主な責任はヨースト・カピトが引き受ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ