クレア・ウィリアムズ 「ロキットとの契約解消がチーム売却の決定打」 / ウィリアムズF1
クレア・ウィリアムズは、ウィリアムズF1チームの売却の決定打となったのは、タイトルスポンサーであるロキットとの契約解消だったと語る。

2019年にモバイル通信企業のROKiTとタイトルスポンサー契約を結んだウィリアムズF1だったが、今年5月に突如、契約の解消が発表された。

クレア・ウィリアムズは、それが棺桶の最後の釘だったと語る。

「私たちは可能な限りの情報源をすべて使い果たしていました」とクレア・ウィリアムズは語った。

「今年は状況は本当に良くなると思っていました。世界を約束する新しいタイトルスポンサーをなんとか獲得できましたね」

「それが崩壊し、コロナウイルスに襲われ、話はおしまいでした。そこから回復する方法はありませんでした」

「もしこれら二つのことが起こらなかったら、我々はそれを成し遂げたでしょう」

8月、ウィリアムズF1は米国の投資会社ドリルトン・キャピタルにチームすることを売却。また、F1イタリアGPをもって2013年から副チームプリンシパルとしてチームを運営していたクリア・ウィリアムズが退任。ウィリアムズ家はチーム運営から退いた。

「チャンスはありましたが、エネルギーがなくなりました」とクレア・ウィリアムズは語った。

「新しい所有者がすべてをそれに費やす力をまだ持っていることを願っています。もはや、それは私ではありません」

クレア・ウィリアムズは、F1以外の家族との生活を楽しみにしていると語った。

「このスポーツは多くのことを要められます」とクレア・ウィリアムズは語った。

「この困難な時期の終え、自分自身を再構築し、F1外で自分が誰なのかを見つけたいと思っています」

「私はいつもフランクウィリアムズの娘でした。今はとにかく自分という人間になりたいです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ