F1
ウィリアムズは、2020年F1マシン『FW43』のシェイクダウンを実施。新車の準備が整っていることを示した。

ウィリアムズF1は、2月17日(月)に新車『FW43』のデジタルイメージを公開。マシンは昨年マシンのコンセプトを引き継いでいるが、マシンカラーはタイトルスポンサーのROKiTの赤をメインカラーにしたものに変更された。

デジタルイメージの公開に続き、ウィリアムズはプレシーズンテストの会場となるスペイン。バルセロナのカタロニア・サーキットでFW43のシェイクダウンを実施。昨年は新車の開発が遅れ、プレシーズンテストの最初に2日半を棒にふったウィリアムズだが、ジョージ・ラッセルがステアリングを握り、無事にコースデビュー。今年は初日からテストに参加することができそうだ。

ウィリアムズ FW43 シェイクダウンWillimas FW43 シェイクダウン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ