ウィリアムズF1 「新車FW43は昨年マシンのコンセプトを継続」
ウィリアムズF1の副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、2020年のF1世界戦選手権は困難な昨年までの状況を抜け出し、新たなスタートを切るチャンスだと考えている。

ウィリアムズは、昨年F1マシン『FW42』の完成が遅れ、プレシーズンテストの最初の2日半を逃すという悪夢のようなスタートを切り、シーズンを通して残りのフィールドに対して競争力で大きな差をつけられた。

ロバート・クビカが波乱のドイツGPで10位に入ったため1ポイントを獲得したが、2年連続最下位。その後、チームは問題の徹底的な内部調査を実施した。

テクニカルチーフのパディ・ロウは去り、レッドブルのデビッド・ワーナーをチーフデザイナーとして、ルノーのジョナサン・カーターを副チーフデザイナーとして雇い、エンジニアリング陣営を強化した。

副チーム代表のクレア・ウィリアムズは、2019年に直面した問題に対処できると楽観的であり、FW43は前任者の全体的なコンセプトの特徴を保持してはいるものの、チームが反撃することを確信している。

「今年はチームにとって新たなスタートとなります」とクレア・ウィリアムズは語った。

「我々は弱点に取り組むことに時間を費やし、競争力のあるレースカーを提供するために適切な人材、構造、手順、リソースを確保しました」

「ウィリアムズを再構築し、チームに競争力に戻すことに全力を尽くしています。そのため、私たちの2020キャンペーンは進歩を遂げます」

「ファイティングスピリットはまだ非常に活気があります。今年、私たちがなりたい場所に戻るまで、誰もがその戦いを続けます」

ウィリアムズ FW43:フロントウイングウィリアムズ FW43:ノーズ

「エンジニアリング部門内のすべての分野でパフォーマンスを向上させるために行ったイニシアチブは、FW43の設計と開発において明らかだ」とチーフエンジニアのアダムカーターは付け加えた。

「努力が報われ始めたのは素晴らしいことだ。FW42のコアアーキテクチャの一部を保持するという決定は、新しいコンセプトの開発に費やされるリソースが少なくなることを意味する。これにより、設計チームは、パッケージングとコンポーネントの詳細の両方で、作業を最適化するためのより大きな帯域幅を得ることができた」

「いくつかの重要なパラメーターを保持することにより、空力面で中断のない開発プログラムを可能にし、リソースの効率を最大限に高めた」

「プレシーズンテスト、そしてレースシーズンに向かうとき、最も重要な尺度は、信頼性の最近の記録を継続する意向とともに、ライバルに対する相対的な進歩だ」

2019年F1マシンへの懸念にもかかわらず、ウィリアムズはFW43のデザインコンセプトに大きな変更がないことも確認している。2021年に予定されているレギュレーションの抜本的な変更に備え、チームは2021年の取り組みのためにより大きなリソースを与えると予想される。

ウィリアムズ FW43ウィリアムズ FW43

「FW43の背後にある主な概念は、FW42の継続的な開発であり、レイアウトに基本的な概念の変更がないことだ」とデザインディレクターのDoug McKiernanは説明する。

「正しい道を進んでいるという最も重要な指標は、マシンの設計に使用するツールキットとトラックデータが示しているものとの相関レベルだ」

「風洞では健全な開発率があり、冷却効率の合理的な改善を発見した。チームは、2019年にブレーキに影響を与えた機械的問題に対処した。これには、ブレーキと車の全体重量が含まれる。我々はこれらの分野でいくつかの良い進歩を遂げており、シーズン中もそれらに集中し続ける」

ウィリアムズ FW43ウィリアムズ FW43

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ