F1 ウィリアムズF1 メルセデス
ウィリアムズは、2021年以降のメルセデスとの新しいF1エンジン契約を締結することを望んでおり、副チーム代表のクレア・ウィリアムズはメルセデスと生産的な協議が進行中であることを明かした。

最近、今シーズン限りでメルセデスとの現在のF1エンジン契約が終了するウィリアムズは、サプライヤーを変更する可能性があり、ルノーと事前に協議していると噂された。

ウィリアムズとルノーは、過去に成功したパートナーシップをこゆじゅしており、1992年から1997年の間に64勝を挙げ、5つのコンストラクターズタイトルを獲得している。

しかし、クレア・ウィリアムズはルノーとの提携を却下。現在のサプライヤーであるメルセデスとの交渉は前向きな方向に進んでいると述べた。

「現時点でウィリアムズについて多くの推測があります」とクレア・ウィリアムズは語る。

「皆さんが予想するようにメルセデスと話をしています。会話は順調に進んでいますし、2021年までに彼らと新しいパートナーシップを結べることを願っている」

「彼らは我々の素晴らしいパートナーでしたし、非常に協力的です。誰もがトト(ヴォルフ/メルセデス チームプリンシパル)が彼のF1キャリアをウィリアムズでスタートしたことを知っていますよね」

「我々は彼と素晴らしいパートナーシップを築いてきましたし、関係を継続させたいと思っています」

「人々がなぜ将来や潜在的なエンジンパートナーについて推測するのか私にはわかりません。今週はニュースの少ない週だからですかね」

「私がこう言うと皆さんがどのようなことを書くかはわかっていますが、我々はルノーと素晴らしい歴史がありました。ですが、我々の将来はメルセデスとです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ | メルセデス