F1 ウィリアムズF1 カナダGP
ウィリアムズは、F1カナダGPの金曜フリー走行で、ジョージ・ラッセルが19番手、ロバート・クビサが20番手だった。午前中はクビサに代わってニコラス・ラティフィが走行を担当した。

ジョージ・ラッセル (19番手)
「ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットを運転するのは楽しかった。僕にとって新しいトラックだ。僕たちのパフォーマンスは期待踊りだったし、軽い燃料でのペースは計画鳥で重い燃料よりも少し良かった」

「予想していた通り、滑りやすいときもあったけど、全体的に楽しかった。明日何を達成できるかを確認するために今夜やらなければならない作業がある」

ロバート・クビサ (20番手)
「今日は路面がかなり滑りやすかった。こんなにスライドするコンディションだとは予想していなかった。FP2の最初の数周を開始したはかなり埃っぽかったけど、このようなコンディションは全員にとって同じだった。ここにいることが嬉しいし、ポジティブな気分で挑んだ。ドラマはなかったけど、もちろん、大きなサプライズもなかった。予定通りにFP2を消化できたし、明日もう少しスピードを上げていけるように、これからニコラス、ジョージと僕自身の知識を搾り出して宿題をこなしていかなければならない」

ニコラス・ラティフィ
「今日はシーズンで初めてのFP1だったし、チームと3回目のインシーズンテストをフルのに経験していたのでうまく準備できていたと思う。僕にとってはスムーズなセッションだったし、すべてがとても順調に進んだ。プログラムをうまく進めることができた。埃によって路面コンディションはトリッキーだったけど、ウォールにクルマをぶつけずにいられたし、チームのためのデータを収集するためにいくつか良いラップを走れた。母国の観客の前で走るのはとても特別な感覚だった。モントリオールは僕が生まれた街だし、ここには家族や友人がたくさんいるので、ピットレーンを出ていくときは特別な気分だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1カナダGP