F1 ウィリアムズF1 モナコGP
ウィリアムズは、2019年 第6戦 モナコGPの決勝で、ジョージ・ラッセルが15位、ロバート・クビサが18位でレースを終えた

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「今日は慌ただしいレースだったが、アルファロメオ・レーシングとレーシングポイントの両方と正真正銘のバトルができたので楽しいレースでもあった。小さなインシデントやリタイアしかない稀なモナコGPだったし、ポイントを獲得することはできなかった」

「だが、両方のドライバーは非常に優れていたし、ワンストップ戦略を機能させるために慎重にコントロールされたレースを生み出した。特に小雨が降ったときはタイヤは挑戦的だった。だが、ロバートとジョージは賢明なウインドウにタイヤを保つことができていた。今回もモナコとグローブのチームは困難な状況のなかで協力して2つの強力な戦略を提供してくれた。ロバートのレースがジョビナッツィとの接触によって台無しにされたのは残念だったが、残念ながら、それがモナコのストリートでのレースの本質でもある」

ジョージ・ラッセル(15位)
「本当に楽しいレースだったし、限界までプッシュすることができた。僕たちのレースはとても強力だったし、リズムを掴むことができた。エンジニアが無線でリーダーたちと同じペースで周回していると言っていた。最後にいくつか良いラップができたし、自分のパフォーマンスには満足している」

ロバート・クビサ(18位)
「タイヤを管理するかなり長いグランプリだったし、僕にとっては不運なレースだったけど、それがモナコだ。レースのスタートはかなりうまくいったし、セーフティカーが導入されたときには行けると思ったけど、そうはならなかった。ラスカスでジョビナッティにヒットされて、そこで多くのタイムを失った。でも、仕方ないことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1モナコGP