F1 アイルトン・セナ
アイルトン・セナの悲劇的な事故死から25年が過ぎたが、フランク・ウィリアムズは1994年5月1日の出来事についていまだ話そうとしないとを娘のクレア・ウィリアムズが語った。

25年前、アイルトン・セナはウィリアムズ FW16での事故で命を落とした。チームオーナーにとってドライバーを失うことは耐え難い経験であり、イタリアでの長年にわたる裁判はその傷口はさらに広げた。

3年後にウィリアムズには無罪が言い渡されたが、チームには厳粛な空間が残っている。

「フランクはそれについて誰にも話しません」とウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは Independent に語る。

「彼はそういう性格ではありません。彼はセラピーでも話しませんし、長い会話をする人でもありません。彼は内在化し、すべてをその中に入れています」

「彼はそうしてきました。ですが、彼が事故について考えるたびに彼の目に痛みを見ることができます」

1993年のシーズンの終わりにアイルトン・セナがマクラーレンからウィリアムズに移籍したことは、チームにとってもドライバーにとっても新たな出発点であり、ウィリアムズにとっての夢の実現だった。

「アイルトンは我々の家の神です」とクレア・ウィリアムズは続けた。

「フランクはアイルトンに恋していました。彼の心をわしづかみにし、ずっと彼をレースカーに乗せたいと考えていました」

「父の願いは叶いましたが、それは最悪の方法で終わりました」

1970年にザンドフォールトで開催されたオランダGPでフランク・ウィリアムズの親友でピアス・カレッジが亡くなっており、アイルトン・セナはウィリアムズのクルマでの2人目の死となりました。

「父にとって再び耐え難い出来事でした」とクレア・ウィリアムズは語る。

「彼はブラジルのアイルトンの葬儀に行きました。安全性の観点から我々全員が心配していました。アイルトンは英雄であり、我々のクルマの中で亡くなったんですからね。ですが、フランクは葬儀へ行くことを望みました」

「我々全員がロンドンでの追悼式に行きました。母はいつも私に 『この日に泣くことはないでしょう。これは喪失ではない』と言っていたのを覚えています」

「我々の映画(2017年に公開)にはフランクがアイルトンの葬儀に出演しているシーンがある。私の父のあのような姿は見たことがありません」

「その日の気分をどのように感じたかと彼が尋ねられる特別なシーンがありますが、彼はただ『Far from well』とだけ言っています」

「私はそれがすべてを物語っていると思います。彼が長年にわたってそのままだと思います。そして、今でも彼は彼について話しません」

「彼はアイトンがいかに素晴らしい人間あったか、いかに偉大なドライバーであったのかについて話すことはあると思いますが、事故について話すことはないでしょう」

アイルトンセナとフランク・ウィリアムズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / アイルトン・セナ