F1 ウィリアムズF1
ウィリアムズF1チームは、2019年マシン『FW42』が開幕戦F1オーストラリアGPで合法であることを確実にするためにフロントサスペンションとミラーのデザインの一部を修正している。

ウィリアムズ FW42がF1プレシーズンテストにようやく到着したとき、斬新なウィングミラーとフロントサスペンションは際立った特徴の1つだった。

しかし、FIA(国際自動車連盟)は、ウィリアムズ FW42のウィングミラーとフロントサスペンションのデザイン要素に満足していないとされ、ウィリアムズは開幕戦で問題に遭遇することを避けるためにそれらを酒精している。

FIAの技術規定では、4つのウィッシュボーンメンバー、1つのプッシュロッド、1つのステアリングアームの6つのサスペンションメンバーしか許可されていない。しかし、ウィリアムズ FW42には、下部のウィッシュボーンの端に沿って走る細い7番目のメンバーを搭載されている。
これは最初のレースのサスペンションから削除されます。

また、湾曲したウィングミラーも新しいバージョンに変わることになる。

しかし、上部ウィッシュボーンのマウントポイントは使用できることがクリアとなっている。

ウィリアムズが2019年マシンで試みたイノベーションを中止する必要性は、最高技術責任者のパディ・ロウが“個人的な理由”のために“休職”を発表したのと同時に行われた。また、ドライバーを務めるジョージ・ラッセルとロバート・クビサもウィリアムズ FW42のペースと準備についてネガティブな発言をしている。

新車の完成が遅れたウィリアムズがデザインを適応させる必要があることはそれほど大きなニュースではなく、ウィリアムズがオーストラリアGPで違法と見なされるデザインを持つよりも今からその可能性を潰しておいた方がはるかに利益がある。

また、ウィリアムズは開幕戦にむけて“控えめ”なアップグレードパッケージを計画しており、再設計はすでに行っていた作業に大きな影響を与えることはないと考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ