FIA 世界耐久選手権 バーレーン6時間レース トヨタ・TS050 HYBRID
FIA 世界耐久選手権(WEC) 最終戦 バーレーン6時間の決勝が11月19日(土)、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、トヨタ 8号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン)が優勝した。

2017年WECの最終戦となるバーレーン6時間レースが開幕。4月16日にシルバーストーン6時間レースでシーズンが開幕して以来実に7ヶ月に及ぶ長いシーズンがここで終了する。

優勝はトヨタ 8号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン)。他車にトラブルが発生するなか、クリーンなレース展開を見せ、優勝。富士から3連勝、今季最多勝利となる今季5勝目を挙げてシーズンを締めくくった。

トヨタ 7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)は、GTE Proクラスの92号車と接触して緊急ピットイン。さらに終盤にストップ&ゴー・ペナルティを科せられて1周遅れの4位でレースをフィニッシュした。

今大会がLMP1での最後のレースとなるポルシェは、スタートで1-2体制を築くが、2号車(アール・バンバー/ティモ・ベルンハルト/ブレンドン・ハートレー)にボラードがマシン下部に引っかかるというトラブルが発生して緊急ピットイン。終盤には1号車(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディ)がGTE Amクラスのポルシェ 92号車と接触してタイヤを壊して緊急ピットイン、さらにストップ&ゴー・ペナルティを科せられたこともあり、2号車が2位、1号車が3位で最後のレースを終えた。

LMP2クラスはヴァイヨン・レベリオン #31号車(ブルーノ・セナ/ジュリアン・キャナル/ニコラス・プロスト※)が優勝してドライバーズタイトルを獲得。※ニコラス・プロストは1戦欠場のためドライバーズタイトルは獲得できず

GTE ProクラスはAFコルセが1-2フィニッシュ。レースでは71号車を先にいかせて優勝。2位の51号車がドライバーズタイトルを獲得した。フェラーリはマニュファクチャラーズタイトルも獲得している。

GTE Amクラスはアストンマーティン 98号車が優勝してドライバーズタイトルを獲得した。

LMP1クラスは前戦でポルシェ2号車がドライバーズタイトルを獲得。ポルシェがマニュファクチャラーズタイトルを獲得している。

2017年 WEC 最終戦 バーレーン6時間 決勝 結果

順位No.ドライバーチーム/車種
18中嶋一貴
セバスチャン・ブエミ
アンソニー・デビッドソン
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
22ティモ・ベルンハルト
アール・バンバー
ブレンドン・ハートレー
ポルシェLMPチーム/
ポルシェ919ハイブリッド
31ニール・ジャニ
アンドレ・ロッテラー
ニック・タンディ
ポルシェLMPチーム/
ポルシェ919ハイブリッド
47小林可夢偉
マイク・コンウェイ
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: WEC (FIA世界耐久選手権)