MVR-02
Marussia Virgin Racing MVR-02
マルシャ・ヴァージン・レーシングの2011年F1マシン「MVR-02」。ヴァージンは、CFDのみでマシンを開発するという独自のアプローチをとっており、MVR-02もそのコンセプトで設計された。

MVR-02は、他のマシンと比較してノーズが低く、昨年マシンよりもリアがタイトになっている。昨年マシンよりホイールベースは100mm延長され、全長は350mm短くなっている。

ヴァージンは、2011年からロシアのスポーツカーメーカーであるマルシャと提携。チーム名はマルシャ・ヴァージン・レーシングに変更され、シャシー名も“VR”から“MVR”に変わった。

ヴァージン MVR-02 主要諸元表

シャシー構造 ヴァージン・レーシング製 カーボンファイバー・モノコックおよびノーズボックス
サスペンションウィッシュボーン:ヴァージン・レーシング製 チタン湾曲ジョイントつきカーボンアップライト: ヴァージン・レーシング製 アルミニウム合金
ダンバーペンスキー製
ホイールBBS製
タイヤピレリ
燃料タンクFT5 安全仕様
燃料容量220リットル以上
ブレーキAPレーシング製4ポットキャリパー
ヒトコ製ディスク及びパッド(カーボン素材)
ステアリングヴァージン・レーシング製 カーボンファイバー
パワーステアリングヴァージン・レーシング製 油圧ステアリング・アシスト
ドライバーシート解剖学的に成形されたカーボンコンポジット製
シートベルト6点支持ハーネス(HANSシステム付き75mmショルダー・ストラップ)
エレクトロニクス FIA標準ECUおよびFIA承認電子・電気システム
トランスミッションヴァージン・レーシング製精密アルミニウム、7速、縦置きXトラック製内部構造ギアボックス
ディファレンシャル電子制御油圧ディファレンシャル
ギア選択パドル操作による油圧制御“シームレスシフト”システム
クラッチAPレーシング製
ドライブシャフト組込み等速ジョイントつき1ピース・ドライブシャフト

ディメンション

全長5,200mm
全高950mm
全幅1800mm
ホイールベース3,300mm

エンジン諸元

型式コスワース CA2011
方式4ストローク・レシプロ・ピストン、自然吸気
形体V型8気筒
Vアングル90°
構造鋳造アルミニウム合金製シリンダーブロック、ヘッド、鍛造アルミニウム製ピストン、スチール製クランクシャフト
排気量2,400cc
バルブ数32
バルブ駆動ニューマチック・バルブ・スプリング
最高回転数18,000rpm(FIA 規定に則る)
タイミングクランクシャフトのコンプライアント・ギアを通じたダブル・オーバーヘッドカム
重量95kg (FIA規定最低重量)
ピストン口径98mm以下
噴射100barに加圧され8つのインジェクターから噴射
点火スパークプラグを点火させる8つのインジェクション・コイル
潤滑方式ドライサンプ
点火プラグチャンピオン製

MVR-02 フロントMVR-02 (サイド) MVR-02 (俯瞰)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴァージン | F1マシン