ヴァージン
ヴァージン・レーシングは、マルシャへの株式売却を正式発表。2011年はマルシャ・ヴァージン・レーシングとして参戦する。

ロシアのスーパーカーブランドであるマルシャは、2009年にチームが発表された当初からヴァージン・レーシングのスポンサーを務めている。

ヴァージンは、今回の取引によって組織構造が変わることはないと述べた。

「我々のF1初年度は前からタフになりそうだった。さらに世界的な不況の真っ只中でスタートだった」とヴァージンのリチャード・ブランソン会長は述べた。

「ヴァージンは、我々のヴィジョンとスピリットを共有するパートナーを確保できたことは嬉しく思っており、F1グリッドにともにチームを組んで働くことを楽しみにしている」

ヴァージン・レーシングのチーム代表ジョン・ブースは、マルシャとの契約は、チームが前進するためにしっかりした財政プラットフォームを供給する重要なものだ述べた。

「強力なものだ」とジョン・ブースは語る。

「いずれにより我々は安全だったが、もう少し野心的に計画の計画を進めることができる。技術面ではエキサイティングなことがたくさんある。すぐには起こらないかもしれないが、年々そうなっていくだろう。

ヴァージン・レーシングのグレイム・ロードンCEOは「今回の発表は、F1グリッドので我々のペースを強固にするものであり、チームメンバー全員のハードワークと献身を証明するものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴァージン | マルシャ