ヴァージン・レーシング
ヴァージン・レーシングは、燃料タンクを拡大する計画であったが、最近のアイスランドの火山噴火による影響によって、今週末のスペインGPのために1台のマシンしかアップデートを準備することができなかったことを明らかにした。

ヴァージン・レーシングのVR-01は、燃料タンクがレース距離を走行するのに準備に大きくないことが判明したため、デザインを担当するワース・リサーチ社はスペインGPに向けてマシンを延長する改良計画に乗り出した。

しかし、アイスランドの火山噴火により、中国からレースカーを持ち帰るのが遅れたため、チームは両方のシャシーの改良を間に合わせることができなかった。

ヴァージン・レーシングは、準備が整った1台を経験豊富なティモ・グロックに与えることに決定した。

「再承認を含め、レースに向けて新車を準備するために根気強く取り組んできたので、火山ディレイによって2台目のクルマを完成させられなかったことは耐えられないことだ」

「基本的な仕様が異なるクルマを2台走らせることは、確かにチームには挑戦だが、信頼性の解決は両方のマシンに適用されているので、危険を避けて両方のクルマがチェッカーフラッグを得ることだけに集中するつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴァージン