ヴァージン
ヴァージンは、FIAから2010年シャシーに相当な数の変更を認められた。

シャシーはコストを理由にホモロゲートされているため改良することはできないが、ヴァージンはVR-01の燃料タンクがレースを完走するのに十分な大きさではないことを発見したという。

ドイツの Auto Motor und Sport は、実際にヴァージンのマシンは通常のエンジンセッティングで信頼性に問題がなくてもレースを完走できないだろうとしている。

変更を許可されたヴァージンが、“コストと信頼性”テストを理由に数戦は準備できないだろうとみられている。

同誌は、より長いアンダーボディ、新しいエンジンカバーや、その他ボディワークが施された改良版シャシーは、5月初旬のスペインGPでデビューするとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴァージン