ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴは、彼のF1プロジェクトが公になってしまったことに迷惑していると語る。

今週末のNACARネーションワイド・シリーズで8位入賞を果たしたジャック・ヴィルヌーヴは、来週2011年のF1参戦についての面談のためにヨーロッパに飛ぶ予定となっている。

デュランゴと共同でF1参戦を目指すことが明らかになったヴィルヌーブだが、結果がどうなるかは不確かだと語り、プロジェクトを内密なままで進めるつもりでいたため、彼の関与が公になったことを嘆いている。

「相手に対して我々がどのような戦いをしているかはまったくわからない」とヴィルヌーブは語る。

「全てを内密に進めていたし、誰かが話すと決心するまで、ずっと内密なままにすることができていた。組織の一員にさえ話さなかった。ちょっと腹立たしかったね」

「まだ全ての真相がわかっているわけではないので、どうなっているか教えるのは難しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャック・ヴィルヌーヴ