ジャック・ヴィルヌーヴ 「アルピーヌF1とのテストは信じられない経験」
ジャック・ヴィルヌーヴは、最近モンツァでアルピーヌとのF1テストを行った後、この走行を「信じられないほどの経験」と称賛した.

1997年のF1ワールド チャンピオンであり、2006 年にF1から引退した11 回のグランプリウィナーであるジャック・ヴィルヌーヴは、イタリアグランプリのわずか数日後にアルピーヌに招待され、最新のF1 カー、つまり昨年のハンガリーグランプリでエステバン・オコンの優勝を手にしたA521を試乗した。

ジャック・ヴィルヌーヴは、スピードの伝統と称されるモンツァで18周の「完璧な周回」を楽しみ、エステバン・オコンがF1の先輩に助言を与えた。

ジャック・ヴィルヌーヴのテストは、日曜日のシンガポールグランプリに先立ってチャンネルで放映される全編の特集のためにフランスの放送局Canal+によって撮影された。

「モンツァで2021年のアルピーヌF1カーをテストすることは信じられない経験だった」と2004年シーズンにルノーF1チームで3回のグランプリに出場した51歳のジャック・ヴィルヌーヴは語った。

「私が最後に運転したF1カーは2006年だったが、最近の車のコーナリングスピードは信じられないほどだ」

「エンジニアやチームと一緒に真剣に仕事をするのは楽しかった。多くの思い出がよみがえった。2004年にチームで3レースを走り、顔見知りにも会うことができた」

「50代でF1カーを運転できる日はそうそうないし、ガレージで過ごしてモンツァをドライブする時間は至福だった」

「あのテスト中にアルパインが行ったプロとしてのアプローチは素晴らしく、記憶は今でも永遠に刻まれていている」

ジャック・ヴィルヌーヴの走行を現場で目撃したアルピーヌF1チームのスポーツ ディレクターのアラン・パーメインは、カナダ人のパフォーマンスに心から感銘を受けたと語る。

「ジャックをアルピーヌに短期間だがモンツァで迎えることができて本当にうれしく思った」とアラン・パーメインは語った。

「チームの多くは彼の1997年の勝利を覚えており、2004年に彼がルノーでレースをしたとき、私も含めてそこにいた人もいる!」

「ジャックは非常に謙虚にその日を迎えた。彼はできる限り最高の仕事をするために学び、適応することを望んでいた。彼は非常にプロフェッショナルで、一日中パフォーマンスとタイムを削っていた」

「彼は、昨年のレースからラップタイムを大きく引き離さなかったことを非常に誇りに思っている。これは、サラブレッドのチャンピオンが魔法のタッチを失うことは決してないことを示している!」

ジャック・ヴィヌルーヌ アルピーヌF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジャック・ヴィルヌーヴ / アルピーヌ