元F1王者ジャック・ヴィルヌーヴ、モンツァでアルピーヌのF1マシンをテスト
ジャック・ヴィルヌーヴは、イタリアGPの後にモンツァでアルピーヌF1カーをテストする

1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴは、F1イタリアGPの水曜日にモンツァで昨年のアルピーヌF1チームのましん『A521』をテストする。

2006年のホッケンハイムでのBMWザウバーでの最後のレース以来、51歳のジャック・ヴォルヌーヴが現代的なF1マシンを運転するのはこれが初めてとなる。

このチャンスは放送局 Canal+ との関係を通じて生まれ、1997年にルノーを搭載したウィリアムズで達成された彼のF1ワールドチャンピオンシップの25 周年記念の一環としてアレンジされた。

ジャック・ヴィルヌーヴは、2004年シーズンの最後の3レースで、現在のアルピーヌF1t-イムのドライバーであるフェルナンド アロンソと共にエンストンチームでドライブし、 10位を2 回、11位を1回獲得した。また、BAR ホンダ時代にアルピーヌF1チームのボスであるオットマー・サフナウアーとも仕事をしている。

アルピーヌ A521 は、昨シーズン、フェルナンド・アロンソとエステバン・オコンがレースに参加した車で、今年はオスカー・ピアストリとジャック・ドゥーハンによる若手ドライバー育成テストに使用された。

「Canal+、フランスのチーム、フランスのテレビとのつながりを通じて実現する。僕は25年前にルノーで優勝した」とジャック・ヴィルヌーヴは語った。

「そのおかげで走行できる。でも、モンツァで去年のクルマであり、デチューンできないので、本格的なラップになる」

「私はフェルナンドと3レースを戦ったので、そのチームでの過去があり、(現在のスポーツディレクター)アラン・パーメインは私のエンジニアだった」

「スーパーエキサイティングだ。クレイジーだ。これらの車がどんなものかを理解するのも良いことだ。シミュレーターを試した。現代の車は低速では印象的ではないが、高速では驚異的だ」

「良いシートを作らなければならない。Gフォースが信じられないほどになるので地獄だろうね。 良いことは、長い直線があることだ。だからフィジカル的にはリラックスできる!」

ジャック・ヴィルヌーヴは、2006 年に最後に F1 でレースをしたときよりも、ステアリング ホイールの制御がさらに複雑になっていることを認めているが、心配はしていない。

「そうだね。でもすべてが習慣になるものだ。私はレーシング ゲームだけでなく、常にゲーマーだった。一度習慣を身につければ、何でもできる」

「習慣になっていないと難しくなる。ステリングホイールを見て、何を意味するんだ?と考えているような時間はない。でも、それが習慣になると、それは第二の性質であり、それから簡単になる」

ジャック・ヴィルヌーヴは、彼がまだアクティブなドライバーであることを強調した。

「私はこれをやりたいと思うことを決してやめたことはない。だから、最近の私の目標はNASCARに行くことだった。今年デイトナをやった後、そのような気分になった。でも、今はテレビで忙しくて、それ以外のことを邪魔している」

Canal+ のコメンテーターで経験豊富なレーサーであるジュリアン・フェブローもモンツァで A521 を運転する機会を得る。

ジャック・ヴィルヌーヴとジュリアン・フェブローは、今週ポール・リカールで 2012年のロータス E20「ドライビング エクスペリエンス」カーを試乗して、モンツァでの走行の準備をする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジャック・ヴィルヌーヴ / アルピーヌ