「ベッテルの方がアルボンよりニューウェイのマシンを乗りこなせる」とヴィルヌーヴ / レッドブル・ホンダF1
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーブは、レッドブル・ホンダF1はセバスチャン・ベッテルを再雇用する必要があると主張。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは2021年にアストンマーティンF1との契約を締結する目前と言われているが、かつて共にタイトルを獲得したレッドブルF1への復帰の噂も消えることはない。

ジャック・ヴィルヌーヴは、レッドブルF1のデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイの生み出すマシンは“運転するのが本当に難しい”とし、アレクサンダー・アルボンよりもベッテルの方がそのマシンを運転することに優れていると説明する。

ウィリアムズ時代にエイドリアン・ニューウェイが設計したマシンを走らせていたジャック・ヴィルヌーヴは「エイドリアン・ニューエイは常にぎりぎりのマシンを生み出す」とジャック・ヴィルヌーブは Sky Italia に語った。

「マックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンの違いでそれははっきりと見て取れる。ベッテルは過去にニューウェイのマシンを操ることができることを示した。だから、彼はフェルスタッペンの完璧なチームメイトだ。そうすれば、レッドブルにはようやく限界までドライブできる2人のドライバーを起用できる」

今のところ、レッドブルはアレクサンダー・アルボンを擁護している。

「彼はレースで良かったし、多くのオーバーテイクをみせた。彼に対する批判は不当だ」とレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコはハンガリーで語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジャック・ヴィルヌーヴ / レッドブル / セバスチャン・ベッテル / アレクサンダー・アルボン