F1 バルテリ・ボッタス
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、メルセデスはバルテリ・ボッタスを外すべきではないと考えている。

多くの専門家は、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2020年にバルテリ・ボッタスに代えて現在リザーブドライバーを務めているエステバン・オコンを起用する可能性が高いと考えている。

メルセデスのF1シートを喪失した場合の“プランBもしくはプランC”を準備していると語る29歳のバルテリ・ボッタスは、現在、ドイツでMスポーツのWRC仕様のフォード・フィエタをテストしており、ラリーへの転向も噂されている。

バルテリ・ボッタスはその“シークレットテスト”について「運転しているときはいつだって何らかのことを学ぶものだ」と Bild に語っている。

だが、ジャック・ヴィルヌーブは、2020年もルイス・ハミルトンのチームメイトとしてバルテリ・ボッタスを継続するべきだと考えている。

ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのパートナーシップが崩壊する見通しについて質問されたジャック・ヴィルヌーヴは「どうしてそんなことする必要がある?」とコメント。

「当然、彼らはボッタスを継続するべきだ。今年、彼らは何回1-2フィニッシュを果たしている?」

「昨年のように彼がすべてのレースで0.5秒遅いのであれば、交代してもいいと思う。でも、そうではない」

エステバン・オコンについてジャック・ヴィルヌーヴは「どうして彼を起用するんだ? 彼はまだ自分を証明していない。私は彼のどれくらい優れているのか正確には知らないし、そのようなリスクを負うことはないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャック・ヴィルヌーヴ | メルセデス | バルテリ・ボッタス