F1:フランツ・トスト 「ベッテルをトロロッソに入れるのに多大な努力を払った」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、セバスチャン・ベッテルに懐疑的な人もおり、2007年にトロロッソに連れてくるために多大な努力を払ったと語る。

セバスチャン・ベッテルは、BMWザウバーのテストドライバーとしてF1キャリアをスタートしたが、2007年にF1カナダGPで大クラッシュを喫したロバート・クビサの代役としてF1アメリカGPでデビューする機会が生まれた。

セバスチャン・ベッテルは8位でフィニッシュし、当時のポイントを獲得した最年少F1ドライバーの記録を更新する印象的なデビューとなった。

その後、BMWザウバーは、セバスチャン・ベッテルを契約からリリースし、2007年シーズンの最後の 7ラウンドでレッドブルのジュニアチームのトロ ロッソに参加できるようにした。

トロ ロッソでのベッテルの株価はさらに上昇し、2008年に雨のモンツァで開催されたF1イタリアGPでトップチェッカーフラッグを受け、彼とトロロッソにグランプリ初勝利をもたらした。

しかし、懐疑論者やBMWザウバーの政治が邪魔をして、セバスチャン・ベッテルをトロロッソのラインナップに入れることはスムーズなプロセスではなかったとフランツ・トストは語る。

「セバスチャンは、セバスチャン・ブルデーの代わりが必要だったのでトロ・ロッソに来た」とフランツ・トストはF1-Insider.comに語った。

「しかし、彼については事前に多くの議論があった。誰もが彼に納得したわけではなかった」

「私は本当に彼が欲しかった。彼は私にとって非常に優れた才能であり、最初はミハエル・シューマッハと同じような印象を持っていた。ディートリッヒ・マテシッツ(レッドブルの共同所有者)が彼に有利な決定を下してくれたことを感謝している」

「以前BMWのテストドライバーだったセバスチャンがそこで政治的なゲームに巻き込まれたことを知っておく必要がある。BMWとマリオ・タイセン(元BMWザウバー代表兼BMWモータースポーツ・ディレクター)は彼を引き留めたいと思ったが、他のザウバー関係者はそうではなかった。それが我々の議論に影響を与えました。」

もちろん、この決断はトロ・ロッソに大きな利益をもたらした。フランツ・トストは、セバスチャン・ベッテルの「大きな強み」は「特定のテクニックを発見」し、それをアドバンテージに変える能力であることを明らかにした。

「若いドライバーに許されなければならないフロントスポイラーのいくつかの損失にもかかわらず、彼はスピードが速く、より強力なレースをドライブした。2008年にモンツァで優勝したときがハイライトだが、前日にすでにポールを獲得していた」

「それが、セバスチャンが持つ偉大な可能性をようやく目にしたときだ。彼の大きな強みの1つは、マシンの特定のテクニックを発見するとすぐに、細心の注意を払ってそれを自分のアドバンテージに変えたことだ」

F1:セバスチャン・ベッテルとフランツ・トスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / トロロッソ / アルファタウリ