セバスチャン・ベッテル 10位 「1ポイントのために懸命に戦った」 / アストンマーティン F1ハンガリーGP 決勝
セバスチャン・ベッテル(アストンマーティンF1チーム)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝で10位入賞を果たした。

「今日は1ポイントのために懸命に戦わなければならなかったし、最終ラップでエステバン(オコン)を追いかけているときは2ポイントに近づいた」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「僕の方がエステバンを捕える機会があったので、チームは車を入れ替えたけど、明らかにバーチャルセーフティカーが僕たちに損害を与えたし、時間がなくなってしまった。最終ラップでとても接近していたけど、ムーブにはあと1コーナーが必要だった」

「全体的に多くのファイトとオーバーテイクがある楽しいレースだった。ミドルスティントは少し難しかったけど、ミディアムでのサードスティントはバランスが良かった」

「再びレースペースは競争力があったし、土曜日のパフォーマンスを改善することが、シーズン後半戦のフォーカスである必要がある」

セバスチャン・ベッテル アストンマーティンF1チーム ハンガリーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン