セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルのオーストラリアGPでのリタイアは、ホイールナットの緩みが原因であったことが明らかになった。

F1オーストラリアGPで、ポールポジションからスタートし、首位を走行していたセバスチャン・ベッテルだったが、26周目にグラベルに飛び出しリタイアしていた。

Auto Motor und Sport によると、左フロントホイールのナットが緩んで振動したことでマウント部分を破損させ、ブレーキングでグラベルへ飛び出してリタイアすることになったという。

報道によると、ガレージ内で行われた調査にはエンジニアリング責任者イアン・モーガン、デザイナーのエイドリアン・ニューウェイ、チーム代表クリスチャン・ホーナーも参加したが、わずか15分で終了したという。

ピットストップにおけるホイール取りつけの問題が疑われるなか、クリスチャン・ホーナーは「6,000kmのテストでも、このようなことは起きなかった」とコメント。

開幕戦に続き2戦連続でトラブルにより優勝を逃したセバスチャン・ベッテルは、タイトル争いでトップに立つフェルナンド・アロンソから25ポイント差をつけられた。

「もちろん腹立たしいよ。また故障だからね。50ポイントを獲得してマレーシアに行けるはずだった」とベッテルはコメントしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | レッドブル