セバスチャン・ベッテル 「すぐに結果が出るとは思っていない」 /アストンマーティンF1 スペインGP 金曜フリー走行
セバスチャン・ベッテルは、2022年F1第6戦スペイングランプリの金曜フリー走行を8番手で終えた。

アストンマーティンF1は、バルセロナに大幅なアップグレードを投入。レッドブル・レーシングのRB18に酷似したマシンは物議を醸している。

“グリーン・レッドブル”と揶揄されるAMR22でセバスチャン・ベッテルは8番手タイムをマーク。それでも、初めて走らせたアップグレード版AMR22には慎重な見方をしている。

「僕たちは正しい方向に進んでいるように感じるけど、今回が僕たちがこの車を走らせる最初の日であることを覚えておかなければならない」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「天候や路面コディションが大きく異なるため、プレシーズンシーズテストと多くの比較を行うことはできない。そのため、学ぶことや理解することはまだたくさんある」

「今日をトップ10以内で終えられたのはポジティブなことではあるけど、週末をどのように進められるか見てみよう」

「すぐに結果が出るとは思っていないけど、今後も進歩を続けていきたいと思う」

13番手で終えたチームメイトのランス・ストロールは「ポジティブな初日だった」とコメント。

「僕たちは進歩を遂げているけど、当然のことながらスペアが少し不足しているので、今日は少し慎重に進めた」

「今日は正しい方向への一歩のように感じるけど、僕たちはまだもっと多くを求めてプッシュしている。ワンラップでの車は良い感じだったけど、車のバランスにはもっと多くのぽてんしゃるがあると思う」

「今夜はしっかり取り組んで、データを調査して、明日の予選前にどこで改善できるかを確認していく」

セバスチャン・ベッテル アストンマーティンF1 スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン