F1引退が噂のセバスチャン・ベッテルにフォーミュラEからもラブコール
F1での将来についての噂が続いている4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルに様々なカテゴリーからラブコールが届いている。

2022年以降にアストンマーティンF1チームとの新たな契約にサインすることをまだ決定していないセバスチャン・ベッテル。インディカーからはレイホイール・レターマン・ラニガン・レーシングからテストの正体があり、DTMのゲルハルト・ベルガーは、一緒に仕事をしたいと誘っている。

そこにフォーミュラEが加わった。DSテチータのチーム代表であるトーマス・シュヴォーシェは、セバスチャン・ベッテルをフォーミュラEマシンでのテストに招待した。

DSテチータは、フォーミュラEで2回タイトルを獲得し、元レッドブルF1ドライバーのジャン・エリック・ベルニュを走らせている。

「セバスチャンは環境保護に非常に興味があり、フォーミュラEと同じように気候変動を念頭に置いている」とトーマス・シュヴォーシェはAutoBildに語った。

「彼がフォーミュラEでのキャリアを継続することにどの程度関心があるかは分からないが、CO2ニュートラルなレーシングカーを試す機会を彼に与えたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フォーミュラE / アストンマーティン