セバスチャン・ベッテル 「フェラーリF1での最終年より今の場所は幸せ」
セバスチャン・ベッテルは、フェラーリF1での最終年よりも、アストンマーティンF1の今の場所を幸せに感じていると認める。

フェラーリF1は、2021年に向けて5シーズンドライバーを務めた4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを放出することを決定した。2020年のシーズン開幕前のタイミングも影響して、ベッテルはペースに苦労し、いくつかのミスも犯すことになった。

アストンマーティンF1の初年度は、AMR21の競争力が予想よりも低かったこともあり、やや残念なシーズンとなったが、セバスチャン・ベッテルはより幸せな環境にいると語る。

F1アブダビGPでセバスチャン・ベッテルは無線で『新しいホームを与えくれてありがとう』とチームに語った。ベッテルはランキング11位でシーズンを終え、F1アゼルバイジャンGPでは2位表彰台を獲得した。

アストンマーティンF1の初年度に満足しているかと質問されたセバスチャン・ベッテルは「フェラーリからの離脱は少し奇妙だったかもしれない。その点で、僕は以前よりも幸せだ」とBlickに語った。

「でも、フェラーリでの時間を決して悪くいいたくない。計画した大成功が実現しなかったとしてもね。僕たちはワールドチャンピオンになりたかった」

セバスチャン・ベッテルは、シーズン中に132回の追オーバーテイクを成功させ、2021年に新設された『オーバーテイクアワード』を受賞した。

「通常より低いポジションからスタートしなければならないので、このオーバーテイクのタイトルを勝ち取るより良いチャンスがある」とセバスチャン・ベッテルは笑った。

「もっと多くのポイントを獲得する方が好ましいし、特にブダペストでは表彰台で2位を失たったしね(タンクに十分な燃料が残っていないためにレースから失格となった)」

セバスチャン・ベッテルは、2020年にレーシングポイントとして競争力のあったアストンマーティンが2021年に後退したことに失望したと認める。

「新しいレギュレーションと変更されたアンダーボディで、僕たちにとって全般的に困難な年だった。たとえば、レッドブルほどリアのレーキ角は急ではなかった。メルセデスもアンダーボディに苦しんでいた。レッドブルは2020年に1.5秒前にいた」

「僕たちのマシンはそれほど効率的ではない。それは弱点だ。残念ながら、あまりにも多くの場合にドラッグが大きすぎた。」

2022年と新しいF1レギュレーションの開始を見据えて、セバスチャン・ベッテルは、空白のページからやり直すため、チームがどれほど競争力があるかを推測することに関心がないと述べた。

「もちろん、まだ数字や予測を出すことはできない」とセバスチャン・ベッテルはコメントした。

「僕たちが最速のチームになり、ワールドチャンピオンになるとは言えない。でも、すべてのチームと話せば、ほとんどのチームは彼らが最前線に立つことを望んでおり、それを信じている」

「それはうまくいかないだろう。僕たちは地に足をつけて、現実的であり続ける必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / アストンマーティン