アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテル 「F1で勝つことに甘やかされていた」
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、ミッドフィールドのレースでは“以前と同じようン感覚は得られない”とし、それはF1グリッドにいる理由ではないと語る。

10年にわたって定期的にF1で勝利と表彰台をセバスチャン・ベッテルだが、2021年にアストンマーティンF1に移籍して以来、滅多にそういった戦いに参加することはなくなっている。

代わりに、アストンマーティンF1はグリッドで6番目のマシンであることが多く、通常、せいぜいトップ10の下位を巡るミッドフィールドのバトルに関与するだけとなっている。

セバスチャン・ベッテルは、自分にとってそれが楽しいものではないと認め、またF1でレースをしている理由でもないと語る。

「ラインを越えたときの満足感はまったく同じではない」とセバスチャン・ベッテルはスカイスポーツに語った。

「レースに勝って表彰台に上がれば、その後ファンからこの大規模な後押しを受ける。ある意味、堅信礼だ・・・」

「今、レースをして、8位か10位で終えている。間違いなく本当に良いレースができて、ミスもなかったと感じたとしても、10位、9位、8位だ。それは僕がここにいる目的ではない」

「たぶん僕は甘やかされて、勝つこと、最前線にいることに慣れていた」

アストンマーティンは次の数シーズン以内に勝利とタイトルを競うことを目指しており、すべてが計画通りに進んだ場合、セバスチャン・ベッテルは中盤であまり長くレースをなくなるはずだ。

来年に導入される広範なレギュレーション変更は、フロントランナーとのギャップを埋める機会を彼らに提供するが、同じことがグリッド上の他のすべてのチームにも当てはまる。

それでも、4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは楽観的であり、彼のキャリアの最後の数年になる可能性が最も高いなかで、アストンマーティンF1に参加したことについて後悔はないと語る。

「ローレンスは非常に真剣だし、チームは順調に進んでいる。起こっていることはすべて、非常に、非常に有望だ」とセバスチャン・ベッテルは付け加えました。

「誰もが同じスケジュールを設定しているため、スケジュールを設定することは常に困難だ。マクラーレン、アルピーヌ、僕たち全員が勝利に返り咲くことを望んでいる。現時点では2チームがそこにいて、フェラーリがいる」

「自分には常に勝つための競争力があると信じている。さもなければ、私はもうスタートはしない。でも、統計を見ると、12位、8位、または10位からスタートしている場合、文字通りポールポジションになれないのは確かだ」

「後悔はない。そこが肝心なことだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン