セバスチャン・ベッテル 「環境問題に真剣に取り組まなけばF1は消滅する」
セバスチャン・ベッテルは、環境問題をもっと真剣に受け止めなければ、「F1は消滅する可能性がある」と警告する。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、環境問題に積極的に取り組んでいるが、最近、ドイツの政治家から彼の新しい政治活動に対して非難の対象となっていた。

現在、アストンマーティンのF1ドライバーを務めるセバスチャン・ベッテルは、F1はもっとうまくやれるはずだと主張する。

「F1はグリーンではない。それについては疑問の余地はありません」とセバスチャン・ベッテルは  Neuen Osnabrucker Zeitung に語った。

「でも、僕たちは、スペクタクルや情熱を失うことなく、F1をより環境に優しいものにするためのテクニックと機会がある時代に生きている」

しかし、34歳のセバスチャン・ベッテルは「あまり楽観的ではない」と認める。

「現在、F1の将来を変える可能性のある多くの話がある。これは重要だ。そうでなければ、あまり楽観的にはなれない」

「もし、何も変わらなければ、F1は消滅する可能性がある」

セバスチャン・ベッテルは、F1の大きな欠点の1つは、エンジンの基本的なアーキテクチャだと主張する。

「現在のレギュレーションは非常にエキサイティングで、エンジンは非常に効率的だ。でも、それは役に立たない」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「新しい車を買うとき、このようなエンジンを買うことはできない」

セバスチャン・ベッテルは、F1が従来の化石燃料から離れることを歓迎しているが、今やバイオ燃料の未来に焦点を合わせすぎていると考えている。

「僕は合成燃料のファンだ。そして、F1がそれをよりうまく利用することを願っている」

「来シーズンは10%の合成燃料を使用するけど、これは革命というわけではない。すでにガソリンスタンドでこれを買うことができる。F1はテクノロジーリーダーとしてもっと多くのことをしなければならない」

「僕たちは前進して道を示すのではなく、反応してしまっている。大きな変化には2025年か2026年までかかる可能性があり、これはさらに5年は進展がないことを意味している」

「それらの年月の間に世界中で多くの変化があり、それが僕たちのスポーツに大きなプレッシャーを与えてくれることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン