セバスチャン・ベッテル 「マーティン・ウィットマーシュは強力な補強」 アストンマーティンF1
セバスチャン・ベッテルは、元マクラーレンF1のチーム代表であるマーティン・ウィットマーシュのアストンマーティンF1加入は「強力な補強」だと歓迎している。

アストンマーティンF1のオーナーであるランス・ストロールが継続的にチームを拡大するなか、先月、同グループのCEOとしてマーティン・ウィットマーシュの加入が発表された。

2009年から2014年までマクラーレンの指揮をとったマーティン・ウィットマーシュは、アストンマーティンのシニアシニアリーダーシップチームの一員として、アストンマーティンの新しいパフォーマンステクノロジー部門を監督する。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、マーティン・ウィットマーシュのことをそこまで知っているわけではないが、アストンマーティンF1がタイトル争えるチームになるため新たな強力な補強になると確信していると語る。

「マーティンが去ったのは、僕がだいたいF1を始めたときで、そのときから知っている」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「彼と一緒に仕事をしたことはないし、彼のことを判断するのに十分なほど知っているわけでない。だから、僕たちはオープンマインドである必要があると思う」

「もちろん、僕たちはチームを強化することを期待している。そうでなければ、新しい人と契約したり、チームに人を追加する意味はない」

「強力な補強のように見えるし、将来達成したいことを達成するのに役立つことを願っている」

セバスチャン・ベッテルのチームメイトであるランス・ストロールは、マーティン・ウィットマーシュの到着を「非常にエキサイティング」だとし、最近、アストンマーティンが着工した遅くとも2023年初頭までに完成する予定の新しいファクトリーとともに期待していると語る。

「マーティンはマクラーレンが大成功を収めたときに長い間関わっていた。このチームの成長を支援するために彼が加入することは本当にエキサイティングだと思う」とランス・ストロールは語った。

「ここ数ヶ月、非常に才能のある人をたくさん連れてきた。マーティンはこのチームへの素晴らしい補強だと思う」

「このチーム内で現在起こっていること、建設中の新しいファクトリー、そして、マーティンが参加することはすべて非常に建設的だと思う」

「これはすべて、今後数年間で達成したい目標に向かって進んでいる」

以前にマーティン・ウィットマーシュと仕事をしたことのある現在のグリッド上の数少ないドライバーの1人は、ウィットマーシュが最高執行責任者として働いていた2007年にマクラーレンでレースをしたフェルナンド・アロンソだ。

フェルナンド・アロンソは、マーティン・ウィットマーシュは「どんなチームにとっても素晴らしい補強」だ語る。

「アストンにとって、彼は大きな助けになると確信している」とフェルナンド・アロンソは語った。

「彼はとても賢く、優れたリーダーでもある。残念ながら、それは僕たちのチームではないけど、僕たちにも素晴らしい人々がいる」

「マーティンと会えるのはうれしいことだし、多くの称賛に値するたくさんの人がある。そして、今、彼らはスポーツに戻っているし、それはパドックのみんなの利益になるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン