セバスチャン・ベッテル 「18インチのF1タイヤは縁石が見えない」
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、2022年F1マシンで使用される18インチタイヤを試した後、称賛できる点と欠点の両方の側面を発見した。

ピレリは、F1に大幅なレギュレーション変更が導入される2022年に可能な限り最高のタイヤを供給することを可能にするデータを取得するために、今シーズンを通して新しい18インチタイヤのテストを繰り返した。

18インチ用に改良を加えたマシンを準備できなかったウィリアムズを除く全チームがテストに参加し、アストンマーティンF1はイギリスGP後にシルバーストンでスリックタイヤを走らせた。

セバスチャン・ベッテルのフィードバックは、彼のF1での豊富な経験を考えれば、特に貴重なものになるだろう。4度の元F1ワールドチャンピオンは、18インチタイヤで気に入った部分を見つけたが、特に可視性に関しては警笛を鳴らした。

18インチタイヤのポジティブな点としてセバスチャン・ベッテルは「これらのタイヤはオーバーヒートすることなく、限界でより長く運転することができる」とセバスチャン・ベッテルは Auto Motor und Sport に説明した。

「それらは縁石の上でより快適で、低・中速のコーナーでより多くのグリップを提供する。それらのセクションでは、従来のタイヤよりも速く感じた」

大幅に低い圧力で供給された18インチタイヤは、2021年F1マシンには理想的には適していなかった。

今シーズンのF1タイヤはシルバーストンでのグランプリウィークエンド中に25PSI(フロント)と23 PSI(リア)まで内圧が上げられたが、次の火曜日と水曜日に行われたテストでは20 PSIを下回った。これは、もちろんグリップの利点を提供する。

しかし、セバスチャン・ベッテルは、コーナーを通過しているときに自分のマシンをどこに置いているのかを正確に確認する際に懸念があったと語る。

「大きなホイールは正面の視界をさらに悪化させる」とセバスチャン・ベッテルは説明した。

「邪魔になるミラーマウントなどもある。ミラーがヘイローに取り付けられていたときがベストだった」

2022年F1マシンはレギュレーションによって前輪から突き出たフローデフレクターが必要であり、視界がさらに妨げられることでドライバーがエイペックスを狙うのがより困難になる。

それは、セバスチャン・ベッテルが、シミュレーターで2022年F1マシンの運転をどのように感じるかをサンプリングしている間に行った観察だった。

「カバーと大きなホイールで縁石はまったく見えない」とセバスチャン・ベッテルは語った。

2022年F1タイヤのテストは、9月15〜16日にマニ・クールで完了する予定だ。アルピーヌF1が担当するのはウェットタイヤのテストとなり、天候に応じて必要に応じてサーキットのスプリンクラーシステムがアクティブにされる。

2022年F1マシン 前輪フローデフレクター

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / ピレリ / アストンマーティン