セバスチャン・ベッテル 「決勝は戦略によって異なるレースになるだろう」 / アストンマーティン F1イギリスGP スプリント予選
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、2021年F1イギリスGPのスプリント予選を8位で終えた。

10番グリッドから3周オールドのミディアムでスタートするという選択をしたセバスチャン・ベッテルは、そのタイヤ戦略が当たり、2つポジションを上げてスプリント予選レースを終えた。

「ここまではこの珍しい週末のフォーマットを楽しんでいる」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「昨日の午後に激しい瞬間が今日のどちらの方向にも進む可能性があるスプリントに繋がるのは面白かった。僕たちにとってはうまくいったし、他が順位を落とすなかで、明日のレースにむけていくつか順位を上げることができた」

「フェルナンド(アロンソ)が1周目にソフトタイヤでスタートしてたくさん順位を上げた。彼は終盤のラップでもっと苦労するだろうと思っていた。彼に近づいていたけど、オーバーテイクを仕掛けることができなかった」

「この結果(8位)によって明日はそれなりのスターティングポジションにいるけど、戦略オプションによって非常に異なるレースになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1イギリスGP / アストンマーティン