アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテル、ロックダウン中に有機農場の職業体験に参加
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、2020年の最初のロックダウンによって空いてしまった時間に有機農業のインターンシップに参加していたことを明らかにした。

セバスチャン・ベッテルは、4回のF1ワールドチャンピオンを獲得し、53勝を挙げている近代のF1界のスターのひとりだ。そして、長年のライバルであるルイス・ハミルトンと同様に、環境問題、特にF1が与える影響をどのように減らすことができるかについて声を上げている。

2020年の序盤は新型コロナウイルスの発生によって世界中の多くの国がロックダウンされ、3月にオーストラリアで開幕予定だった2020年のF1世界選手権は7月まで延期された。

セバスチャン・ベッテルは、レースから離れていた時間に、有機バイオ農場のインターンシップに参加することを決断。栄養への関心を通して農業に興味を持っていると述べた。

「昨年は初めてのロックダウンだったし、予定よりも時間があったので、自分に何ができるのか、何に興味があるのか​​を考えた」とセバスチャン・ベッテルは BioBienenApfel のイベントで語った。

「農業/農場経営の話題に興味を持った。栄養を通してアスリートして興味を持つようになった。より健康的な食事をし、体からより多くのパフォーマンスを引き出すために何ができるか? 自分に問いかけ、最終的にすべての野菜が同じであるというわけではなく、すべてのリンゴが同じ栄養素を含んでいるわけではないことに気づいた」

「それで昨年このトピックについてもっと学ぶ機会を得た。実際にそれを学び、毎日それを扱っている人々と話すことは非常に刺激的だった。間違いなくとても面白かった」

セバスチャン・ベッテルは、F1プレシーズンテスト中にバーレーンで行われた航空機の儀礼飛行に不満を感じた後、環境面に介入していた。

そして、彼の不満は、オペレーターのガルフエアに、持続可能なバイオ燃料を使用してF1バーレーングGPの前に儀礼飛行を実施するよう促した。

「今週末のセバスチャンベッテルの最大の成果は、CO2を少し節約したことだと言わざるを得ない」とテッド・クラヴィッツは Sky Sports F1 で語った。

「レースの初めにガルフエア787-9の儀礼飛行に気づいたと思うが、パイロットはテスト中にそれを練習していた」

「セブはそれが燃料の無駄だと思った。彼は不満を言い、新しいF1のボスであるステファノ・ドメニカリに『見てほしい。この人はたくさんの燃料を無駄図解している。僕はそれが好きではない』と言った」

「そして、F1はレーススポンサーであるガルフエアのところに行き、何かできることはないかと伝えた。ガルフエアは、持続可能な合成燃料を手に入れ、バイオ燃料で儀礼飛行を実施すると伝えた」

「つまり、レース前に富んでいた787-9はバイオ燃料で飛んでいた。これは実際には航空機のジェットエンジンの実験段階にすぎない」

「それはすべてセバスチャン・ベッテルによるものだった。彼は大量のCO2を節約した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン