エディ・ジョーダン 「ベッテルはF1ドライバーとしてのピークを過ぎた」
元F1チームオーナーのエディ・ジョーダンは、セバスチャン・ベッテルはすでにピークを過ぎており、彼と契約したアストンマーティンF1は間違いを犯したと考えている。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、昨シーズン限りでフェラーリから放出され、今年からレーシング・ポイントから名前を変えるアストンマーティンF1に加入する。

元F1チームオーナーのエディ・ジョーダンは、自分がアストンマーティンF1を担当していれば、セバスチャン・ベッテルと契約せず、セルジオ・ペレスの続投を選んだと語る。

「彼のことは非常に好きだが、彼と契約したアストンマーティンは間違いを犯したと思う」とエディ・ジョーダンは F1-Insider に語った。

「フェラーリでのルクレールに対する過去2年間は哀れなものだった。彼がなぜあれほど酷く見えたのか私にはわかりらない、彼は4つのワールドタイトルを獲得しました。だが、彼はピークを過ぎていると思う。いずれにせよ、私ならペレスをキープしていただろう」

セバスチャン・ベッテルがアストンマーティンF1でシートを見つけられたのは幸運だったと言える。フェラーリが6年間でタイトルを獲得できずに戦力外通告を言い渡された後、他のトップチームの選択肢はなかった。

この過去のシーズンのセバスチャン・ベッテルのパフォーマンスは目に見えて低下していた。2022年は最悪シーズンとなり、クレイジーな展開となったF1トルコGPに表彰台を獲得しただけとなった。

一方、F1サヒールGPで劇的なF1初優勝を果たしたセルジオ・ペレスは、チームと複数年契約を結んでいたが、ローレンス・ストロールは、アストンマーティンF1の野心的なプロジェクトを主導するための選択肢としてセバスチャン・ベッテルを選んだ。

皮肉なことに、セルジオ・ペレスは、セバスチャン・ベッテルの元所属チームであるトップチームのレッドブル・レーシングへと移籍。そこでマックス・フェルスタッペンとチームを組む。

「ペレスに関しては、レッドブルにはトップドライバーがいる。彼がマックス・フェルスタッペンほど速いとは誰も信じていない。ペレスは、特にレースで、レッドブルが彼に期待することを成し遂げられる素晴らしいドライバーだ。2台のマシンでメルセデスにプレッシャーをかけることができるように、マックスに十分に近づくことだ」

「彼の前任者のアレックス・アルボンは決してそれをすることができなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン