セバスチャン・ベッテルがアストンマーティンF1移籍を決めた3つの要因
セバスチャン・ベッテルが、2021年にアストンマーティンF1への移籍を決断した3つの主な要因について語った。

今シーズン限りでフェラーリF1から戦力外通告を受けたセバスチャン・ベッテルが選んだ将来はアストンマーティンF1だった。今季末までレーシング・ポイントとして参戦するチームは、メルセデスを可能な限り忠実に再現し、速さを手に入れた。

「レーシング・ポイントが今シーズン示しているパフォーマンスはとても励みになる」とセバスチャン・ベッテルは語り、将来はさらに上位を争うことができると考えている。

「メルセデスはまだF1を支配しているし、実際にそれが本当に終わることはない。でも、僕は上位でレースをしたいし、このチームはそのチャンスを与えてくれると思っている。時間が教えてくえることだけど、これは良いステップだと思っている」

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルが、アストンマーティンF1加入を決断したことには、チームに古くから知る顔ぶれが多いことも要因のひとつだと語った。

「長い間知っている多く人がそこにはいる」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「まず、チームは非常に勤勉で、僕は長い間その人たちのことを知っている。オトマー(サフナウア/チーム代表)のことは10年以上知っている。

「次に僕は自分自分に問いかけた。まだ僕がやりたいこと、まだ自分自身から引き出したいこと、そして、今後、僕のポテンシャルをF1でどのように見せたいのか。それが明らかになったとき、何をすべきなのかが分かった」

そして、新しいレギュレーションも要因の一つだ。

「このチームが他のチームと同じ金額で戦うのも初めてのことだ」とセバスチャン・ベッテルは2021年から導入される予算上限に言及した。

「今年の結果は非常に有望であり、今後数年間でF1がどのようになるかを念頭に置けば、非常に楽しいことになるだろう」

レーシング・ポイントがパドックで最小のチームの1つであるという事実にもセバスチャン・ベッテルは楽観的だ」

「他チームはダウンサイジングする必要がある」とセバスチャン・ベッテルは続ける。その点でアストンマーティンF1が譲歩しなければならない点ははるかに少ない。

「それで私は非常に満足させ、幸せにさせている。予算上限がどのように進んでいるかを確認する必要があるけど、今年のチームは過去よりもはるかに有利だと思う」

現在所属するフェラーリは苦境に陥っている。だが、セバスチャン・ベッテルはアストンマーティンF1がフェラーリを倒せるかというセンシティブな質問には明言を避けた。

「他チームがどの位置にいるかを確認することは無意味だと思っている」とセバスチャン・ベッテルは回避的に答えた。

「実生活と同じように、自分自身に目を向けて、自分でコントロールできるものをコントロールする必要がある。それ以外はどうなるか見てみるつもりだ」

「レーシング・ポイントには、優秀な賢い人がいると思う。楽しみにしている。彼らにはそのような資質があり、僕たちは良い結果を達成できることを示している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / レーシングポイント / アストンマーティン