セバスチャン・ベッテル、アストンマーティンF1との2021年の契約を発表
セバスチャン・ベッテルは、2021年にアストンマーティンF1として参戦するレーシング・ポイントと複数年契約を結んだことを発表した。

レーシング・ポイントF1は声明で『セバスチャン・ベッテルとの契約は、スポーツで最も競争力の名前の1つとしての地位を確立するというチームの野心の明確な声明』だと記した。

セバスチャン・ベッテルは「ようやく僕の将来についてのこのエキサイティングなニュースを共有できることを嬉しくお思う。2021年にアストンマーティンのドライバーになることを誇りに思う」とコメント。

「これは本当に伝説の自動車会社との新しい冒険だ。チームが今年達成した結果に感銘を受けており、将来はさらに明るくなると思っている」

「スポーツへのローレンス(ストロール)のエネルギーとコミットメントは刺激的であり、僕たちは一緒に非常に特別な何かを構築できると信じている」

「僕は今でもF1をとても愛しており、僕のモチベーションはグリッドの最前線でレースをすることだ。アストンマーティンでこれを行うことは大きな特権になるだろう」

レーシング・ポイントF1のチーム代表オトマー・サフナウアーは「シルバーストーンの誰もがこのニュースに大いに興奮している」コメント。

「セバスチャンは実績のあるチャンピオンであり、アストンマーティンF1チームとしての将来への我々自身の野望と一致する勝利の考え方をもたらしてくれる」

「土曜日または日曜日の午後、セバスチャンは世界で最高のドライバーの1人であり、この新しい時代に我々を導いてくれるのにこれ以上に役立つ優れたドライバーは考えられなら。彼はこのチームを次レベルに導く重要な役割を果たしてくれるだろう」

レッドブルとともに2010年から2013年に4回のF1ワールドチャンピオンを獲得しているセバスチャン・ベッテルは、53勝、67回の表彰台、57回のポールポジション、101回のフロントローを獲得。

2015年からフェラーリに移籍したが、今シーズン限りで離脱が決定していた。

アストンマーティンはまだ誰がセバスチャン・ベッテルのチームメイトになるかを正式には発表していないが、すでにセルジオ・ペレスの離脱が決定しており、オーナーのローレンス・ストロールの息子であるランス・ストロールがチームに残留するのは確実とみられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / レーシングポイント / アストンマーティン