フェラーリF1との関係が悪化の一途のベッテル、新シャシーを入手?
セバスチャン・ベッテルは、今週末のF1スペインGPから新しいシャシーをフェラーリから提供される可能性があるが、チームとの関係は完全に冷え切っている。

今シーズン限りでフェラーリF1を離脱することが決定しているセバスチャン・ベッテルは、予想以上に不振に陥っている。特にF1 70周年記念GPではチームメイトのシャルル・ルクレールとはまったく別のマシンに乗っているようだった。

2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、セバスチャン・ベッテルがスランプから脱するための解決策を提案した。

「マシンにほとんど認識できないような非常に小さな問題があることもある」とニコ・ロズベルグは語る。

「セバスチャンはすぐにフェラーリに『新しいシャシーをくれ』と言うべきだ」

「私の意見では、マシンに何か問題があるに違いない。我々が話しているのは4回のワールドチャンピオンだ」

セバスチャン・ベッテルは、F1 70周年記念GPの決勝中に無線でチームを公然に叱り、チーム戦略が「台無しにした」として非難した。

だが、フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットはチームを擁護しており、セバスチャン・ベッテルがスピードを取り戻せるのであれば、シャシーを交換する用意はあると語る。

「セバスチャンを助けることができるのであればどんなことでもオープンだ。その愚論はドライバーとチームに任せてある」とマッティア・ビノットはコメント。

「新しいシャーシでセブの信頼を回復できるのであれば、彼は新しいシャーシを手に入れるだろう。我々は彼がより快適に感じることができるようにできる限りのことをしていく」

ドイツの RTL は、新しいシャーシは今週末のスペインGPに向けて準備ができると報じた。

元F1ドライバーのラルフ・シューマッハはこの動きを支持している。

「ルクレールは明らかに速いマシンを持っている」とラルフ・シューマッハは Sky Deutschland に語った。

「フェラーリがセバスチャンは扱っている方法に彼にふさわしいものではない」

「ベッテルがチームを去ることが決まっていることで雰囲気がこれほど悪くなっているかどうか知りたい。だが、私はまだそうだとは想像できない」

だが、すべての元F1ドライバーがセバスチャン・ベッテルを擁護しているわけではない。1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴは、日曜日のベッテルのスピンに言及。「プレッシャーにさらされるといつもあのようなミスを犯す」と語った。

「チャンピオンにあのようなことが頻繁に起きるのは理解できない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ