セバスチャン・ベッテルとローレンス・ストロールの“肘タッチ”が話題 / アストンマーティンF1移籍の噂
F1イギリスGPの決勝前のグリッドに向かう途中にセバスチャン・ベッテルとレーシング・ポイントF1のオーナーであるローレンス・ストロールが行った“肘タッチ”が話題になっている。

2020年シーズン限りでフェラーリF1を離れるセバスチャン・ベッテルは、2021年にアストンマーティンF1にブランドを変更するレーシング・ポイントF1への移籍が噂されており、先週末のF1イギリスGPで正式発表されると噂されていた。

報道によると、すでにローレンス・ストロールは、セルジオ・ペレスの契約の終了条項を行使して違約金を支払い、セバスチャン・ベッテルのためにシートを空けたともいわれている。

だが、木曜日にセルジオ・ペレスが新型コロナウイルスに感染していることが発覚。チームはペレスの離脱を発表するにはふさわしいタイミングではないと判断したと考えられている。

「セバスチャン・ベッテルとレーシング・ポイントのチームオーナーであるローレンス・ストロールの肘タッチは興味深いものだと思わなかったか? 私はそう思った」とSky F1 のテッド・クラビッツは語った。

「週末の初めに、セブがアストンマーティンになる来年にレーシング・ポイントに加入する複数年契約が結ばれたことが発表されるかもしれないという噂があった。だが、セルジオ・ペレスの新型コロナウイルスの陽性反応を受け、いかなる種類の発表も行われないことは明らかだった。彼らはセルジオのためにはそうしなかったんだと思う」

「契約はきちんと完了していないのかもしれないが、今週末はその動きがあったように思う。このパドックでは、セバスチャン・ベッテルが、来年のアストンマーティンのスポンサー次第ではあるが、シルバー、ピンク、もしくはグリーンは着ることになるのはほとんど疑いのないことだ」

「我々は皆、そうなることはわかっているし、それはようやく完了したようだ」

しかし、セバスチャン・ベッテルは、決断を急いでいないと繰り返している。F1イギリスGPに先だった記者会見で、ベッテルはまだ選択肢を検討しており、何かを発表するには“数週間”かかる可能性があると語っている。

「本当に知っていれば答えを出すけど、現時点ではわからない。もう少し辛抱強く待つことが現実的だと思う」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「数週間かもしれないし、もっと長くなる可能性もある。時がたてばわかるだろう。過去3週間、もしくは過去3戦で僕が言及した内容に変更はない」

「急いではいない。自分のために正しい決断をしたいし、そこから話を続けていきたいと思っている」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / レーシングポイント / アストンマーティン