セバスチャン・ベッテル、2021年のレッドブル・ホンダF1移籍を希望?
4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2021年にレッドブル・ホンダF1への移籍を希望しているようだ。レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは話し合いの場を設けたことを認めた。

セバスチャン・ベッテルは、2020年シーズン限りでフェラーリF1を離脱することを決断。2021年以降の去就が注目を集めている。

自らのフェラーリF1離脱によって発生した移籍劇により、ルノーF1の2021年のシートには空席ができているが、F1撤退さえも噂されているルノーはすぐに勝利を争うことはないの明らかであり、セバスチャン・ベッテルがミッドフィールドで走ることを受け入れると考えている人はほとんどいない。

セバスチャン・ベッテルが4回のF1ワールドチャンピオンの獲得した古巣レッドブル・レーシングは、すでにマックス・フェルスタッペンのナンバー1体制を確立させており、給与面からもセバスチャン・ベッテルンの加入をすでに除外する発言をしていた。そのため、この話し合いはベッテル主導で行われた可能性が高い。

そして、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年のセバスチャン・ベッテルと復帰について様々な可能性を模索していたことを明かした。

「セブ(ベッテル)と話をしたし、もちろん、我々はレッドブルでのバリエーションと可能性を模索した」とヘルムート・マルコは Sky Sports に語った。

「残念ながら、それらは存在しなかった」

マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダF1と2023年まで契約を延長しており、アレクサンダー・アルボンも適切なパフォーマンスを発揮できれば、当面のシートは保証されていると考えられている。

セバスチャン・ベッテルのレッドブル復帰についてマックス・フェルスタッペンに意見を求めたかと質問されたヘルムート・マルコは「フェルスタッペンとアルボンの契約では、そのような会話に関与することはない」と強調した。

一方、メルセデスF1は2021年のドライバーラインナップをまだ発表しておらず、たとえルイス・ハミルトンとチームメイトになるとしてもセバスチャン・ベッテルにとって魅力的なのは確かだろう。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、セバスチャン・ベッテル加入の可能性がないわけでもないと認めているが、2021年の優先順位は現行ドライバーの継続、もしくはジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルの昇格であることを明らかにしている。

ヘルムート・マルコは、現時点ではセバスチャン・ベッテルの選択肢は、メルセデス移籍かF1引退かの二択しかないだろうと考えている。

「私の理解では、セブは勝てるチームに加入できるならば続けるだろう。この場合、それはメルセデスということになる」とヘルムート・マルコは語る。

「彼はこのスポーツで多くのことを成し遂げた4回のF1ワールドチャンピオンであり、ミッドフィールドチームに加入する前に財政的に良好な立場にいる」

「それにセブの性格、彼のスタイルにはやめることが相応しいと言えるだろう」

「それはスポーツにとって残念なことだが、セバスチャン・ベッテルという人物にとって、勝てるチームに加入する可能性がないのであれば、それがベストなソリューションになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / レッドブル / ホンダF1