レッドブルF1 「ベッテルはフェラーリでサポートを受けられなくなった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルがフェラーリF1を離脱したのはチームに望んでいたサポートを受けられなくなったと感じたからだと語る。

ジュニア時代から育て、レッドブルF1時代にはともに4回のF1ワールドチャンピオンを獲得したヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルという人物を熟知している。

だが、レッドブルF1はすでにセバスチャン・ベッテルの復帰を除外しており、トップチームの最後のシートではメルセデスに移籍できる可能性も非常に小さい。

「残念ながら、彼のためのトップチームのシートは埋まっている」とヘルムート・マルコは ORF に語る。

「ベッテルは中期的、遅くとも2年以内に上位を走れるチームを見つけられなければやめるだろう」

「彼はサブトッパーのために運転するつもりはない。彼はやめるだろう」

ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルがフェラーリF1を去った理由は簡単だと語る。

「彼はもはや本来あるべき場所から外れ、チームに望んでいたサポートを受けられなくなったと感じた。それで彼はプラグを抜いた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / レッドブル