F1:セバスチャン・ベッテル 「中団チーム移籍を受け入れるかはわからない」
セバスチャン・ベッテルは、ミッドフィールドで戦うF1チームに復帰することを受け入れるかどうかはわからないと語る。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルとフェラーリの現行契約は2020年末で失効するが、まだ契約延長についてポジティブな話は聞こえてこない。

セバスチャン・ベッテルが以前に所属していたレッドブルF1のヘルムート・マルコは、すでにマックス・フェルスタッペンに高額を費やしているため、ベッテルをレッドブルに復帰させる余裕はないと語っている。

お金について質問されたセバスチャン・ベッテルは「ある時点でお金は最も重要なものではなくなる。自分がやっていることを楽しみたいという欲求もある」とコメント。

「僕たちは他の人にはできない仕事をしている。なので、ヘルメットとオーバーオールを着ている僕たち全員がそれに感謝していることを示すべきだと僕は思う」

フェラーリを離れることになった場合、セバスチャン・ベッテルは、ドイツ人のチーム代表アンドレアス・ザイドルがおり、2021年からドイツの自動車メーカーであるメルセデスのF1エンジンを搭載するマクラーレンに移籍する可能性が報じられている。

新たな挑戦のためにミッドフィールドチームに移籍する可能性について質問されたセバスチャン・ベッテルは「わからない。その質問に答えることはできない」と語る。

「グリッドの真ん中にいたときのトロロッソでのキャリアの序盤だったし、その後すぐにレッドブルにいた」

「トロロッソとの2年目は素晴らしいものだった。僕たちは12位を争い、その後10位を争い、シーズン終了時には常にトップ10に入っていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ