F1:セバスチャン・ベッテル、マクラーレン移籍の可能性?
フェラーリがセバスチャン・ベッテルとの契約を更新しなかった場合、ベッテルは2021年にマクラーレンに移籍する可能性が改めて報じられている。

2015年にレッドブルからフェラーリに移籍した4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、フェラーリに2007年以来となるドライバーズチャンピオンシップをもたらすことを目指してきた。

セバスチャン・ベッテルは、2017年に一時チャンピオンシップをリードする勢いを見せたが、自滅もあって5回目のF1ワールドチャンピオンをもたらすことはできず、2019年には新加入のシャルル・ルクレールが勝利、ポールポジション、ポイント数で上回り、チームのナンバー1ステータスを失った。

2020年、セバスチャン・ベッテルはフェラーリとの契約の最終年に入る。フェラーリはベッテルが2021年の好ましい選択肢であることを確認しているが、ベッテルがシャルル・ルクレールのナンバー2として行動するかどうかは不明となっている。

そして、セバスチャン・ベッテルがフェラーリを離脱することになった場合、マクラーレンが移籍先として浮上している。

セバスチャン・ベッテルは、BMWザウバー時代に現在のマクラーレンのF1チーム代表であるアンドレアス・ザイドルと仕事をしており、ドイツ人同士の彼らは強い関係を築いていると考えられている。

匿名の情報筋は F1-insiderに「ザイドルは、BWMで一緒に過ごした時からベッテルのことをよく知っている。セバスチャンが市場に出た場合、彼は確かに彼について考えるだろう。また、マクラーレン・メルセデスにとって強力なPRクーデターになるだろう」と述べた。

元F1ドライバーのティモ・グロックは次のように付け加えた。

「たぶんマクラーレンだ。彼らには去年加入したばかりのアンドレアス・ザイドルというドイツのチームリーダーがいる。会話を想像することができる。彼は確かにチームで経験豊富なドイツ人ドライバーを持ちたいはずだ」

だが、セバスチャン・ベッテルがマクラーレンに移籍することになれば驚きだ。

カルロス・サインツとランド・ノリスは2019年にグリッド上で最も有望なパートナーシップの一つとして評価されており、マクラーレンは彼らを長期的に支援する計画を定期的に話し合っている。

マクラーレン、2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソの復帰さえも拒否。カルロス・サインツとランド・ノリスというラインアップを変えないという彼らの意思でもあった。

マクラーレンの育成出身である20歳のランド・ノリスは、将来のチームを背負って立つドライバーだと考えている。レッドブルを抜けてマクラーレンに加入したカルロス・サインツはF1キャリアで初めて複数年契約を結んだことに喜びを感じている。だが、その契約も2020年末で失効する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / マクラーレン