F1 セバスチャン・ベッテル、フェラーリ SF1000は『Lucilla』と命名
セバスチャン・ベッテルは、2020年のF1世界選手権を戦うフェラーリのF1マシンSF1000に“Lucilla(ルキッラ)”という名前をつけた。

セバスチャン・ベッテルは、願掛けのひとつとして、マシンに女性の名前をつけている。また、ベッテルは必ず左側からマシンに乗り込み、レーシングシューズの紐にコインを忍ばせている。

毎年、開幕戦にセバスチャン・ベッテルがF1マシンにどのような名前をつけるのか注目されている。

レッドブル時代には“ケイトの汚れた妹”“官能的なリズ” “淫らなマンディ”“変態カイリー”といた名前をつけていたセバスチャン・ベッテルだが、フェラーリに移籍してからは“ジーナ”“ローリア”“リーナ”といったやや上品な名前をつけている。

今年、セバスチャン・ベッテルがタイトル獲得を狙うマシンには“Lucilla(ルキッラ/ルシーラ)”と名付けられた。

セバスチャン・ベッテル F1マシンの名前
2008年 トロ・ロッソ STR3 … “ジュリー”
2009年 レッドブル RB5 … “ケイト” “ケイトの汚れた妹” “妖艶なセディ”
2010年 レッドブル RB6 … “官能的なリズ” “淫らなマンディ”
2011年 レッドブル RB7 … “変態カイリー”、
2012年 レッドブル RB8 … “アビー”
2013年 レッドブル RB9 … “飢えたハイヂ”
2014年 レッドブル RB10 … “スージー”
2015年 フェラーリ SF15-T … “イブ”
2016年 フェラーリ SF16-H … “マルゲリータ”
2017年 フェラーリ SF70H … “ジーナ”
2018年 フェラーリ SF71H … “ローリア”
2019年 フェラーリ SF90 … “リーナ”
2020年 フェラーリ SF1000 … “ルキッラ”

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ