セバスチャン・ベッテル、レッドブル・ホンダ加入の可能性を探る?
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルから2021年にレッドブル・ホンダに加入する可能性について問い合わせがあったが、ベッテルがレッドブルに復帰することは“不可能”だと主張する。

2020年シーズン限りでフェラーリとの契約が失効するセバスチャン・ベッテルは、レッドブルのジュニアプログラム出身のセバスチャン・ベッテルは、最近、オーストラリアのキッツビュールで開催されたアルペンスキーのワールドカップを訪れた。

過去にもキッツビュールを定期的に訪れていたセバスチャン・ベッテルにとって、これは珍しいことではないが、ヘルムート・マルコは、かつて4度のF1ワールドチャンピオンを獲得した愛弟子が、チームに戻る可能性を探っていたと語る。

「セバスチャンは2021年に我々のところに戻ることができるかどうかを感じたかったんだと思う」とヘルムート・マルコは Auto Bild に語った。

「しかし、キッツビュールには決定を下すことができるものはいなかった」

「セバスチャンは4度のワールドチャンピオンであり、一定の金銭的主張を持っているが、我々はマックス・フェルスタッペンと新しい長期契約を結んでいるし、それは決して安いものではなかった。我々には二人のヘビー級のドライバーを抱える余裕はない」

「残念ながらそうでいうことだ。セブはごくわずかなお金で来なければならない。しかし、彼にそうするように頼むことはできない」

ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルはドライバー市場で少し“落とし穴”にはまってしまっていると感じているが、今シーズンのシャルル・ルクレールを上回れば状況を変えることができ、フェラーリ、そして、メルセデスもベッテルを考えざるを得なくなると語る。

「セバスチャンはちょっとした移籍の落とし穴に放ってしまっている」とヘルムート・マルコは付け加えた。

「フェラーリはルクレールにコミットし、我々はマックスフェルスタッペンにコミットした。セバスチャンがパフォーマンスを示すためには今シーズンしかないが、彼のドライビングスタイルに合ったマシンさえ手に入れることができれば、彼にパフォーマンスを示せると信じている」

「彼が明確にルクレールを倒すことになれば、フェラーリは彼について考えなければならない。そして、彼はメルセデスにとっても興味深い存在であり、彼のドイツのパスポートも邪魔にならないはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / レッドブル / ホンダF1