セバスチャン・ベッテル 「まだF1引退を真剣には考えていない」
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、まだF1からの引退を真剣に考えていないと言います。

4人のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、フェラーリで大きなプレッシャーにさらされている。若いチームメイトであるシャルル・ルクレールがフェラーリの将来であることは明確であり、セバスチャン・ベッテルの契約は2020年末で失効する。

32歳のセバスチャン・ベッテルは2019シーズンは十分ではなかったことを認める。

今シーズンに点数をつけるよう求められたセバスチャン・ベッテルは「8、9、10点をつけるには十分ではなかった。5点は厳しすぎるし、6点または7点かな」と Blick に語った。

「でも、このようなことは自分の評価を下げることにもつながるからので慎重でなければならない」

実際、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルはもはやF1のトップ3ドライバーから脱落していると語っている。

元F1チーム代表のエディ・ジョーダンは、セバスチャン・ベッテルは2020年末で以降にフェラーリを去り、ルイス・ハミルトンとトト・ヴォルフがフェラーリに向かうと「絶対に確信している」と語っている。

また、スペインのMarcaは、セバスチャン・ベッテルがすでに2021年の移籍にむけてマクラーレンとコンタクトをとっていると報じている。

F1引退についてついて考えているかと質問されたセバスチャン・ベッテルは「特に考えていない」とコメント。

「だけど、もう12年以上もやってきたので、次に何をするかも気になるのも分かる。実際にその計画が実現するかどうかは分からないにせよ、計画なしに人生を過ごすべきではない」

Blickの記者ロジャー・ブノワは、レッドブルへの復帰の可能性があるかどうかも質問。だが、セバスチャン・ベッテルは「あそこまで行かないと思う」とコメント。

「現時点では、フェラーリの目標は明らかにタイトルを獲得することだ。そして、僕たちはまだそこにはいない」

批判に関して、セバスチャン・ベッテルは「すべての人生において、人々はあまりにも早く判断を下す。そして、彼らは他のことを同じくらい早く忘れるものだ」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ