F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、フェラーリが“スペック2”エンジンを投入する今週末のF1スペインGPで強い競争力を発揮できることを確信していると語る。

フェラーリは、今週末のF1スペインGPでスケジュールを前倒しして“スペック2”エンジンを投入。開幕4戦ではメルセデスに1-2フィニッシュを許してきたフェラーリだが、セバスチャン・ベッテルは新しいエンジンがメルセデスと対等な立場に戻る助けになることを期待している。

「調子はいいし、僕たちがここに持ち込むパーツに自信を持っている」とセバスチャン・ベッテルはF1スペインGPの木曜記者会見でコメント。

「クルマが強いことはわかっているし、チーム内のスピリットは去年と同じ、いや去年以上にいい」

「それほど昔ではないプレシーズンテストでのフィーリングは良かったので、僕たちにとって興味深い朱末になるだろう。テストでのクルマは本当にいい感じだった」

「オーストラリアに着いて、同じ感触を得ることに苦しんでいたし、開幕4戦は浮き沈みがあった。クルマが本当に良い場所とあまり良くない部分とで開きがあった」

「だから、今週末、クルマがどのような挙動をみせるか楽しみにしている。テストでのクルマのフィーリングを覚えているし、今後数日でクルマがどのような挙動を見せるか興味深い」

「でも、僕たちはそのレベルに到達できれば、競争力を発揮できるとかなり自信を持っている」

しかし、セバスチャン・ベッテルは、シーズン序盤の苦戦を解決するための特効薬はないと語る。

プレシーズンテストでの競争力を開幕4戦で再現できなかった理由について「正直、答えはまったくわかっていない」と語る。

「僕たちは特効薬を見つけてはいない。過去10年間で僕たちは特効薬を見つけていないし、そんなものは存在しないと思う」

「クルマを改善できていることを期待している。前回のバクーでのレースでもすでにいくつかのものを持ち込んで導入しているし、ここでも新しいパーツが入る。僕たちはクルマをもっと速くしたいと思っている」

「詳細に本当に本腰を入れているし、もっと理解しようとしている。僕たちが直面している状況を理解して、改善に取り組んでいるし、再び起こらないことを確実にしようとしている」

「僕たちは少し不足しているけど、全体的なパッケージは有望だ。僕たちには強力なマシンがあることはわかっているし、まとめるのに少し苦労しているだけだ」

関連:2019年 F1スペインGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ | F1スペインGP