F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、チームオーダーについてメディアは騒ぎすぎだと語る。

F1オーストラリアGPでは、早めのピットストップを敢行してミディアムタイヤに苦労しながら4番手を走行していたセバスチャン・ベッテルにチームメイトのシャルル・ルクレールがよりフレッシュなタイヤで迫っていた。

しかし、フェラーリはシャルル・ルクレールに対して減速して距離をとるように指示。開幕戦のしかも優勝を争っていない状況でのチームオーダーをメディアはこぞって報じた。

フェラーリはシーズン開幕前に必要であれば序盤戦にセバスチャン・ベッテルの方を優先すると宣言しており、ルクレールへ指示はセバスチャン・ベッテルを“ナンバー1ドライバー”として考えている証だと解釈した。

しかし、セバスチャン・ベッテルは、開幕戦での支持は“強いチームオーダー”ではなく、メディアが過剰に報道しただけだと述べた。

「チームとして見れば、4位と5位が僕たちが手にできるベストリザルトなのは明白だったと思う」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「どうやったてレースのあの段階では何が起こるかについて完全に把握することはできない。僕たちは二人ともチェッカーフラッグを受けるまでにいろいろとマネジメントする必要があった。燃料も少しセーブしなければならなかった。初めてのことではない。前や後ろに誰がいるかにもよるけど、初めてのことではないし、レースをそこで凍結させて、確実にポイントを持ち帰ってほしいと頼むことは理解できると思う」

「強いチームオーダーではなかったはずだ。こういうことがあると皆さんはとても興奮するよ。話題になるんだろうけど、内部的にはには単純なことだった」

フェラーリのナンバー1ドライバーとして、シャルル・ルクレールより速いことを証明しなければならないというプレッシャーはないかと質問されたセバスチャン・ベッテルは「まあ、勝ちたければいつだって証明しなければならない。最終的に自分が他の誰よりも速いことを常に証明する必要がある」とコメント。

「それも競争の一部だと思う。僕たちは今までずっとそうやって育ってきた。もう生活の一部だ。程度の差はあるだろうけど、誰だって横にいるもう一人より速くなりたいという大きな野望を持っているはずだ」

それでも新チームメイトであるシャルル・ルクレールとの関係はまだ良好だとセバスチャン・ベッテルは語る。

「いい感じだ。まだとても新鮮だし、関係というほどでもない状態だけど、僕たちは二人とも同じ方向に向かって仕事をしているし、二人ともコース上ではベストな結果を出そうと意欲的だ。二人ともクルマを速くしたいと強く思っている」

「ここまでは何の問題もない。彼はとても若く才能ある子だ。今年もそうだし、今後何年も自分を証明し続けていくだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ