F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、まだデータを検証する必要があると前置きしつつも、2019年F1マシン『SF90』はコーナーリングが強化されたことと引き換えに直線スピードが犠牲になった可能性があると考えている。

昨シーズンのフェラーリの特徴のひとつは、トップスピードでのパフォーマンスだったが、開幕戦オーストラリアGPではセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの二人ともその分野で苦戦を強いられていた。

今週、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、フェラーリがF1エンジンの冷却問題と2019年にエンジン面の抜け穴が塞がれたことで後退したと考えていると述べていた。

フェラーリが直線スピードの優位性を失ったと思うかと質問されたセバスチャン・ベッテルは「僕たちはあらゆる部分で負けていた。あらゆる部分を言わなければならないとすれば、ストレートもそうだと言える」と Autosport にコメント。

「あまり多くの結論を下すつもりはないけどね。昨年は非常に効率的なクルマだったけど、シーズン終盤にはダウンフォースがやや不足していたかもしれないし、ストレートでもっと速かった」

「今年のクルマが非常に強いクルマだという感覚を与えているのはコーナーで非常に速い部分だ。それによってストレートは少し遅くなっているかもしれない」

「でも、僕たちはまだ実際に公正な答えを出すには十分な走行時間を得ていないと思っている」

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリがメルボルンで冷却に苦労し、燃料を節約する必要があるとのヘルムート・マルコの発言については回答を避けた。

「それは常に他チームのどこと比較しているかによって異なる。でも、僕たちが他の人々とは異なる競争の場にいるとは思わない」

「レース後の飛行機で僕たちは少し笑っていたよ。ヘルムートは眠っていたし、彼がどこで分析をしたのかわからない!」

F1オーストラリアGPでは、フェラーリはプレシーズンテストと比較して競争力を発揮できず、セバスチャン・ベッテルは優勝したメルセデスのバルテリ・ボッタスより1分以上遅れてフィニッシュした。

フェラーリは今週末のバーレーンGPに先立って、メルボルンで学んだことに基づいて“修正”を行ったと語っているが、セバスチャン・ベッテルは“答え”は部分的にしか役立たないかもしれないと語る。

「僕にとって重要な要素は、冬季テストでクルマを運転していたとき本当に快適で気に入っていたことだ。それは私が望んでいたことだったし、愚痴や不満はほとんどなかった。でも、オーストラリアに行ってみたら、それはそこにはなかった」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「僕たちはオーストラリアのパフォーマンス不足に関していくつかの答えを持っている。でも、我々は再びオーストラリアでレースをすることはない。来年まで戻ってこないので本当の答えを得られることはないだろう」

「常にいくつかのレッスンがある。セットアップもそうだし、サーキットの構成についてもそうだ」

「すべてを混ぜ合わせてみて、僕たちがここで強いはずだと信じる理由がある。でも、それに数字を付けるつもりはない」

「メルセデスは予想よりも競争力があったけど、僕たちが予想より競争力が低かったという事実もある。それが一時的な大きな急上昇と急下降を説明していると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ