F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、2月8日(金)にマラネロのフェラーリのファクトリーを訪問。2019年F1マシンのシート合わせを実施した。

昨年も序盤戦をリードしながらも、中盤から失速してチャンピオンシップを2位で終えたセバスチャン・ベッテル。フェラーリで13勝を挙げているベッテルは、すでにミハエル・シューマッハ、ニキ・ラウダに次いで3番目に成功を収めたフェラーリドライバーとして名前が刻まれている。

先日にシート合わせを実施したチームメイトのシャルル・ルクレールと同様に、セバスチャン・ベッテルは新チーム代表に就任したマッティア・ビノットやチームメンバーへの挨拶を済ませ、コードナンバー670として開発されているフェラーリの2019年F1マシン用のシート合わせを行った。

昨年、多くの批判を浴びたセバスチャン・ベッテルとは対照的にザウバーで評価を挙げたシャルル・ルクレールとのチームメイトバトルはシーズン開幕前から大きな話題となっている。

フェラーリは2月15日(金)に2019年F1マシンをマラネロで発表。発表会の模様は現地時間10時45分(日本時間18時45分)からをウェブサイトでライブストリーミング中継される。

今年は、フェラーリは、スポンサーのフィリップ モリスとともに推進する“Mission Winnow”というイニシアティブをチーム名に追加して『Scuderia Ferrari Mission Winnow』として参戦。


例年通り、マシン名は当日まで明かされることはないと考えられるが、一部報道ではスクーデリア・フェラーリの創立90年を記念して『SF-90』と名付けられるとされている。また、Mission Winnowに由来してこれまでよりも濃いダークレッドのカラーリングが施されるとも報じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ